2004年1月28日 東京国際フォーラム ホールA

クレジット

振付:ニコライ・ボヤルチコフ/音楽:ピョートル・I.チャイコフスキー/美術:V.オクネフ/衣装:I.プレス
指揮:アンドレイ・アニハーノフ/演奏:レニングラード国立歌劇場管弦楽団

キャスト

オデット/オディール:イリーナ・ペレン
ジークフリート王子:ミハイル・シヴァコフ
悪魔ロットバルト:マラト・シェミウノフ
王妃(王子の母):ユリア・ザイツェワ
王子の家庭教師:アンドレイ・ブレグバーゼ
パ・ド・トロワ:デニス・ヴェギニー、タチアナ・ミリツェワ、アナスタシア・ロマチェンコワ
スペインの踊り:ナタリア・オシポワ、アレクセイ・マラーホフ、オリガ・ポリョフコ、ヴィタリー・リャブコフ
ハンガリーの踊り:エレーナ・フィルソワ、ロマン・ペトゥホフ
マズルカ:ユリア・カミロワ、ヴィクトリア・エフィーモワ、エレーナ・エフセーエワ、マリーナ・フィラトワ、ワシリー・グルシク、アンドレイ・マスロボエフ、アントン・チェスノコフ、ミハイル・ヴェンシコフ
大きな白鳥:ユリア・カミロワ、エレーナ・フィルソワ、イリーナ・コシェレワ、スヴェトラーナ・ギリョワ
小さな白鳥:ナタリア・ニキチナ、ヴィクトリア・シシコワ、タチアナ・クレンコワ、アンナ・フォーキナ
2羽の白鳥:イリーナ・コシェレワ、スヴェトラーナ・ギリョワ


感想

2度目のマールイ観劇です。相変わらず主役以外のダンサーは把握しきれなくて、休憩時間に配役表とパンフレットを交互に見ては次の幕に備える、という感じ。それでも舞台に集中しちゃうと、にわかで覚えたことなんて飛んでしまうんですよねー。マールイのダンサーたちを覚えるには、たくさん公演に通うしかなさそうです。幸いたくさん公演してくれてる訳ですし(笑)。

今回の公演で一番感激したのは、ペレンでもなくシヴァコフでもなく(ゴメンよ〜)4羽の白鳥の踊りでした。足の長さも太さも膝の位置までもみんな一緒!(に見えた)で、踊りもぴったり揃っているのですもの。ここまで揃う踊りはめったに見られないのでは?そして、うわさ通りコール・ドの揃いっぷりもすばらしかったです。キーロフのコール・ドより私の好み。

そのキーロフ(ロパートキナ)の「白鳥」の後に見ると「ドラマチック感」が薄く、ちょっとゆるい「白鳥」だったかなという気はしますが、全体的にはまとまった公演で年初に見るバレエとしては外れがなかったです。指揮がアニハーノフさんだったのも嬉しかったし。2幕のファンファーレでトランペットが音を外してしまったのは「あちゃー」と思いましたし、会場の音響のせいか(以前別のライブでも音響に不満を持ったことがあるので)音の輪郭がぼやけがちだったのは残念でしたけれど、さすが自前のオケだけあって、踊りにぴったり合っていました。

舞台が狭かったのか最初に登場した王子の友人たちの踊りが小さく、更にみんな視線がちょっと下向きな気がして「大丈夫かしら」と心配したのですが、ソリスト級のダンサーたちは何の問題もなかったです。そりゃそーだよね、何回この舞台に立っているかしらって感じでしょうし。

主役のペレンとシヴァコフ、息はぴったり合っていたと思います。でも、ちょっと愛が足りなくない?2人の愛と死を持ってしてロットバルトの呪いは解けるというクライマックスなのに、音楽に置いていかれたような感じを受けてしまいました。これは主役の2人の感情表現によるところなのか、それともボヤルチコフさんの振付がそうなのか・・・今回はちょっとよくわかりませんでした。

ペレンはオディールの艶やかさの方が印象に残りました。よく踊っていたと思うのですが、欲を言えば、ほんの少し踊りを流してしまう癖があるようで、そこがちょっと残念(この辺は経験がモノを言うのかも)。でも、いわゆる「キメ」の部分はどれもバッチリでステキでした。シヴァコフは、最初出てきた時は王子というより「若い男の子」なんだけど、それも「王位を継ぐという自覚がまだない」成人前の王子と考えれば、こんな感じなのかも。話が進むにしたがってノーブルに見えてきたから、あれはそういう役作りなのかなぁ。踊りはとても綺麗でした。

3幕にペレンの右(だったと思う)ポワントのリボンがほどけてしまって、ヒヤリとしました。シヴァコフがうまくサポートして区切りまで踊ったのですが、もうドキドキ・・・。袖に引っ込んで、リボンを直して出てきたので少し「主役不在」の間はあったものの、事故がなくて何よりでした。

ロットバルトのシェミウノフはダイナミックに踊っていてよかったです。パ・ド・トロワのデニス・ヴェギニーは、ジャンプは綺麗でしたが、ピルエットの時の腕があまり美しくなくて残念。同じくパ・ド・トロワを踊ったロマチェンコワとミリツェワも大きくて綺麗な踊りだったと思います。どっちがどっちかわからなかったんですが(くすん)。二羽の白鳥のコシェレワとギリョワもよかったです、が、これも判別つかず。ダメじゃん。

2幕のディヴェルティスマンで、花嫁候補の左から2番目のダンサーがとっても可愛らしかったです(顔が好み、ってことですが)。スペインを踊ったオシポワとポリョフコはさすがの貫録だったのですが、ペレンとシヴァコフがセンターで踊っている時に、脇でけっこうおしゃべりをしているように見えて(小芝居には見えなかったな〜)ちょっと気が散ってしまって残念。そちらに気を取られて、ペレンの長いバランスを見損ねてしまいました。がっかり。マズルカにはエフセーエワがいるというのは覚えていて、オペラグラスで一生懸命見たのですが、それらしい人は見つけられず。うーん、私の目って節穴かも。

気付いたことを挙げていくとなんだか文句をつけているような気になりますが、そんなことはなく楽しんで帰ってきました。この版のラストは、オデットとジークフリートは湖に沈んで死んでしまうのだけど、その愛によってロットバルトも滅び、白鳥たちの呪いは解ける、というもので、一番最後の場面に主役の2人がいないんですよね。それがちょっと物足く感じましたが、ストーリーとしては悪くない結末だと思いました。あのコール・ドが見られるなら、また見たいなと思います。