2004年4月24日 新国立劇場オペラ劇場

クレジット

振付:ケネス・マクミラン/音楽:セルゲイ・プロコフィエフ/演出:ジュリー・リンコン/監修:デボラ・マクミラン/舞台美術・衣装:ポール・アンドリュース/照明:沢田祐二/舞台装置・衣装提供:バーミンガム・ロイヤル・バレエ
指揮:アンソニー・トワイナー/演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

キャスト

ジュリエット:志賀三佐枝
ロミオ:デニス・マトヴィエンコ
マキューシオ:マイレン・トレウバエフ
ティボルト:ゲンナーディ・イリイン
ベンヴォーリオ:奥田慎也
パリス:市川透
キャピュレット卿:長瀬信夫
キャピュレット夫人:尾本安代
乳母:大塚礼子
マンドリンの踊り:グレゴリー・バリノフ(ソロ)、江本拓、陳秀介、冨川直樹、佐々木淳史、中村誠
娼婦:湯川麻美子、厚木三杏、大森結城
モンタギュー卿:内藤博
モンタギュー夫人:尾原貴子
ロザライン:真忠久美子
ロザラインの友人:深沢祥子
ロレンス神父:本多実男
大公:長瀬信夫
ジュリエットの友人:遠藤睦子、高橋有里、西山裕子、さいとう美帆、寺島ひろみ、本島美和


感想

志賀/マトヴィエンコ組。マキューシオがトレウバエフ、ベンヴォーリオが奥田慎也、パリスが市川透でした。んーと、トレウバエフはピッと伸びたつま先は美しいのですが、演技がちょっと物足りないというか、大人しい印象。吉本泰久を3回見た後だから目が吉本マキューシオに慣れてしまっていたのかもしれませんが、吉本くんの方が動けてたなーと思う部分もあったし。明日はもっとよくなるでしょうから、楽しみにしてます。

奥田さんは前回よりよかったかな。ただ、マトヴィエンコとトレウバエフと並ぶと体格的にちょっと気の毒かも。3人で踊るところ、最初バッラバラでどうしようかと思いました。パリスは今日が唯一森田さんじゃない日だったのですが・・・市川さんでもあの髪形とメイクではどうにも、という感じ。さわやかなんですけどねー。そして市川さん、サポートが弱いように感じました。仮面舞踏会でのパ・ド・ドゥでジュリエットをつーっとポワントのまま滑らせる所も滑らせられなかったし。期待されてる方だと思うので、これから経験と筋力をつけていってくださいねー。ロレンス神父は今日だけ本多実男さんでしたが、うーん、やっぱりイリインさんを見てしまうとちょっと物足りない気がしてしまいました。お歳の分だけ重厚感があったのはよかったと思います。

志賀さんのこまやかな役作りとたおやかな踊りは相変わらずで素敵でした。安定しているので、こちらも安心して見ていられます。ただ、最初からちょっと落ち着いたジュリエットで、無邪気でかわいらしいんだけど「ジュリエット、もしかして長女?」という感じ。ジュリエットの友人たちが踊るのを見つめる時もお姉さんが見守る風なんですよねー。でも、恋してから後の感情表現は本当にすばらしかったです。表情で語るので、どっぷり感情移入してしまいました。

マトヴィエンコは、急きょパートナーが変わったり、今日はずいぶん前に決まっていたとはいえ代役だし、確かにお稽古大変だっただろうなーと思うんです。若くてかっこいいロメオだし・・・でも、演技の部分がちょっと雑だったかも。踊りもいいところとそうでもないところがけっこうはっきりしてたかもしれない。3日間ロメオを踊るのは体力的にもそうとうキツイと思うけど、明日は更によいロメオになっているといいなー。