吉田都 終わりのない旅

著者:吉田都
写真:秦淳司/ヨハン・パーソン/廣瀬由美子
発行:(2005.05)

フォトエッセイということで、写真(秦淳司/ヨハン・パーソン/廣瀬由美子)やロバート・ハインデルの絵画に吉田都さんの言葉が添えられる、という体裁。中には都さん自身が撮った写真も!ピンぼけのものもあったりするのですが、やはり切り取り方に美的センスを感じます。さすがアーティスト。

都さんの言葉たちは、何かを声高に主張するのではなく、静かで、そして毅然とした、潔いと言ってもいいかな?しっかりと地に足を着けたゆるぎのなさがあります。そう、ちょうど都さんの踊りから受ける印象と同じ。もっと若い頃の都さんの言葉が収められた「バレエのプリンセス−吉田都の世界」と比べると、今の彼女の充実や成熟、強い自信を感じて感嘆します。

写真の方では、メインはファッションフォトグラファーの秦淳司さん。都さんはヨージ・ヤマモトやアン・ヴァレリー・アッシュのドレスを身につけていて、表紙の写真に代表されるようなタイプの写真が多いです。バレエ雑誌ではなく、ファッション雑誌に載りそうな感じのもの、、、かな。とても新鮮でした。個人的には、ヨハン・パーソン(「THE ROYAL BALLET 161 IMAGES」の写真家)の撮る写真がやはり好きみたい。この写真はすごく好きだなーと思ってクレジットを見ると、たいてい彼の作品でしたから。

舞台写真はかなり少ないので、そちらを見たい方はちょっと期待はずれになっちゃうかも。見たあとで心に残るのは、美しい写真たちより彼女の言葉たち。バレエの本というより、一本芯の通った静かで強い女性のエッセイだと感じました。