2005年8月6日 新国立劇場オペラ劇場

クレジット

指揮:堤俊作/演奏:ロイヤルメトロポリタン管弦楽団

第1部

デフィレ

日本ジュニア・バレエ

日本ジュニア・バレエって、新国の演目でも子役が必要な場合に出てきますよね。どこの団体なんだろう?と思っていたら、橘秋子記念財団の事業内容にその名前がありました。なるほどー、そゆことか。知りませんでした。

「海賊」第2幕よりグラン・パ・ド・ドゥ

振付:M.プティパ/音楽:R.ドリゴ

橘るみ/マイレン・トレウバエフ

いかにも「海賊」のグラン・パ・ド・ドゥでした。橘るみさんって手脚の動きがきれいだし、テクニック的にもしっかりしたダンサーですね(初見)。トレウバエフくんも、いつもの表情の硬さが逆にアリっぽい(笑)。あれだけテクニック詰め込んでも下品にならないのは彼ならでは、かな。

「コッペリア」第3幕より平和のグラン・パ・ド・ドゥ

振付:サン=レオン、改訂振付:石井清子/音楽:L.ドリーブ

志賀育恵/小林洋壱

このお二人も初見。小林洋壱さんのアームスの美しさに目を見張りました。脚の方はお怪我か何かでしょうか?まるで上半身と別人のようでちょっとびっくり。フランツにしてはノーブルが勝ってる気もするけど、平和のパ・ド・ドゥだしね。志賀育恵さんもとても安定していて雰囲気のある方ですね。しっとりした「平和」のパ・ド・ドゥもいいけど、他の演目でも見てみたいなーと思いました。それになんと言っても、普段から一緒に踊っているダンサー同士の安定があって、安心して見ていられました。

「ドン・キホーテ」第3幕よりグラン・パ・ド・ドゥ

振付:A. M. プリセツキー、V.サーヴィナ/音楽:L.ミンクス

佐藤朱実/菊地研

このお二人も初見。菊地さんはテクニック炸裂。自分のヴァリアシオンが終わって袖に引っ込む際に、髪をかきあげて流し目っ。思わず笑ってしまいましたが、エンターティナーだねぇ。若手の日本人ダンサーとしては希有のキャラクターかも。弾けていて楽しかったですが、荒さがもう少しなくなるとよいかな。佐藤さんも同じくらい弾けてたらバランスよかったかもしれません。いえ、バランスが悪かった訳ではないと思うのですが、2人で全幕も踊られたばかりの割には、という感じを受けました。佐藤さん、他の演目で見てみたいかも。


「ラ・バヤデール」幻影の場よりグラン・パ・ド・ドゥ

振付:M. プティパ/音楽:R.ドリゴ

島田衣子/小嶋直也

小嶋さんの登場に大きくて暖かい拍手がわきました。相変わらず高くてきれいなジュテにため息。後半はスタミナ切れのようでしたが、舞台から長く遠ざかっていたのですから仕方ないよね、と思いつつ少し淋しい気持ちに。それでも、代役とはいえ舞台に立てるだけのお稽古は続けていらっしゃる訳だし、また全幕でお目にかかる日を楽しみにすることにしました。島田さん、最初は本当にすばらしかったです。霊的なひんやりした美しさにうっとり。でも、急に不安定さが目につくようになってハラハラ・・・。ヴェールの踊りも早くヴェールを手放されてしまったようでしたし・・・急場でパートナーが変わって大変だったのでしょうか

「ロミオとジュリエット」よりバルコニー・シーン

振付:K.マクミラン/音楽:S.プロコフィエフ

志賀三佐枝/山本隆之

志賀さん素敵だったー。ジュリエットそのもので、ラインも美しいし可憐だし音楽的だし、本当にすばらしかったです。あーもう本当に見られないのだろうか、最後なんだろうか(泣)。山本さんは、衣装にちょっと?というのが残りましたが(全幕の時もこんな感じだったっけ・・・)、とても雰囲気のある恋するロメオでした。できればもっと長く見続けていたかった。サポートには相変わらず心を砕いてきっちりと。すばらしい。「ライモンダ」よりハードな作品だけに、やっぱりまだ本調子ではないよねとも感じましたが、これだけ見事にロマンティックで美しい情景を志賀さんと2人で見せてくれたことに感謝。8月一番楽しみにしてたのが彼のロミオだったので、終わってしまってちょっと脱力。ああ、また彼のロミオが全幕で見たいなぁ。

カーテンコールで、山本さんがいきなり志賀さん1人を置いて中に引っ込んでしまったので、一瞬ひるみました。志賀さんもびっくりしたと思うの。そしたら山本さん、手に花束を持ってもう1度登場。志賀さんに渡していました。素敵〜(笑)。ちょっと照れながら抱き合ったりして、素敵なカーテンコールでした。

第2部

「海賊」第1幕よりパ・デスクラヴ

振付:M.プティパ/音楽:P.オルデンブルク

アナスタシア・チェルネンコ/デニス・マトヴィエンコ

ラヴェンダー色のハーレムパンツ、それよりほんの少し濃い色のチュチュで登場のペア。マトヴィが弾けて奴隷商人してました。笑顔が可愛すぎて、どちらかというと売られる方じゃないかと思ったり、気をつけないと買う側にだまされちゃうよ、と思ったり。「どうだー、うちの奥さんかわいいでしょ、きれいでしょ」とのろけられてるような気もした(笑)。チェルネンコは売られていく悲しい奴隷の娘ではなかった気もするけど、姫系よりはこれくらいの方がキャラに合ってるかな。

「タラスブーリバ」より「ゴパック」

振付:R.ザハロフ/音楽:S.セドイ

岩田守弘

今日も同じ位見事に空を飛んでいました〜。すごい人だ、ホントに。

「プルースト」より「囚われの女」

振付:R.プティ/音楽:C.サン=サーンス

ルシア・ラカッラ/シリル・ピエール

ラカッラの脚と体の動きに見とれているうちに終わってしまいました。すごーく惹き込まれていたハズなのに、あとで思い返すとあまり残像が残っていないのはなぜなんだろう。「プルースト」は映像で見ているけど、この場面がどういう内容を表しているかを把握していなかったので、目の前で繰り広げられている世界を存分に味わい理解するところまで行かなかったのが非常に残念・・・。せっかく買ったパンフにもそういう解説は出ていないんだよねー。最後に上から釣り下がっていた白い幕(カーテンのようなもの?)が上からすーっと落ちてきて、横たわったラカッラの上にシュルシュルとかぶさる最後が印象的でした。

「ジゼル」第2幕よりパ・ド・ドゥ

振付:J.コラリ、C.ペロー、M.プティパ/音楽:A.アダン

島添亮子/ロバート・テュ−ズリー

会場の入り口で配られた「本日の演目」にこの演目が書いていなくて、どちらか怪我でもしたのかと焦りました。が、単なるミスだったらしい。館内アナウンスで訂正されていました。島添さんとテューズリーは合いますね。テューズリー力持ちだから、本当にジゼルが空中にふんわり浮いてるように見えるし、テューズリーも1幕よりは2幕の方が(スタダン公演で見た限りでは)ずっといいタイプ。島添さんのジゼルは初めて見たけど、すばらしかったです。踊りはもちろん安定しているし、アルブレヒトへの無償の愛とか霊的な感じとか、全幕を見ているような世界でした。

ただ、見ている途中で「ホントは去年の秋に島添さんとイーサンが踊る予定だったんだよねー」と思い出してしまって、ちょっとブルー入ってしまったんですけど・・・。カーテンコールが主催者側の思惑より短くて(笑)、舞台裏で次の「若者と死」の装置の仕込みをしている金槌の音が「トントントントンっ」と会場に響いていました。お気の毒。

「若者と死」

振付:R.プティ/音楽:J.S.バッハ/振付指導:ルイジ・ボニーノ/照明監督:ジャン=ミシェル・デジレ

スヴェトラーナ・ザハロワ/イーゴリ・ゼレンスキー

オーケストラは昨日よりよかったように思います。こちらの耳が慣れたせいもあるかもしれないけど、緊迫感と盛り上がりがすばらしかった。ゼレンスキーは昨日の方がエネルギッシュだった。じゃあ、踊りとマイムが近づいたかというと、やっぱりそうでもなくて・・・。3日間では一番よくなかったかもしれない。もう少し踊り込む時間があればねー。そうそう、最後に舞台後方のゆるやかな坂を若者と死神が登っていくところ、昨日は坂の途中でゼレが止まってしまったのですが、今日は坂の切れ目ギリギリまで登ってから止まっていました。1つ残念だったのは、柱からベッドへとかかる深紅のカーテンのドレープがきちんとしてなかったこと。美観を損ねてたよ〜。そういえば、昨日はタバコに火がつくかつかないかのうちにマッチの火が消えてしまったのですが、今日はゼレがちゃんともう1本マッチを持っていましたよ(笑)。

フィナーレ

今日も「海賊」の曲で順番に登場。でもさー、この曲もどうかと思うよ。そんなに盛り上がるとも思えないしー。