闘うバレエ―素顔のスターとカンパニーの物語

著者:佐々木忠次
発行:(2001.07)

NBSのボス、佐々木忠次氏の著書。子供の頃からの舞台芸術とのかかわりやNBSと東京バレエ団の歴史、世界の振付家や指導者、ダンサーたちとのエピソーどなどなどについて書かれているので、とても興味深く読みました。彼の物言いはとても明確。NBSニュースのコラムで伺える通りの書きっぷりは爽快ですらありますね。文句言ってばかりのおじさん、という訳でもないのだとわかって安心しました(笑)。モノクロながら、NBSと東京バレエ団関係の貴重な舞台写真が見られるのも○。

今後もいつまでも元気に歯に衣着せぬ物言いで吠えていただきたいものです。と同時に、時々聞こえてくる特定の振付家や団体とのあれやこれや、あれは観客を失望させるだけで決してプラスにはならないので、その辺は考えていただきたいなぁ。