noimage

写真:マックス・ウォルドマン
発行:(1988.03)

モノクロで撮影され、荒く焼き付けられたその独特の写真は、彼の名前すら知らなかった私ですら目にしたことがあり、中古でこの写真集を手に入れた時「この人だったのか!」と、小さな謎を解決したような気分になりました。

ダンサーの美しい肉体を、物語の一こまを、きれいに「切り取っ」て差し出してくれる写真家は多いですが、まさにその一瞬を「焼き付け」て見せられる人は少ないでしょう。それはポーズをとったダンサーではなく踊っている彼らを撮影した、というだけではなく、もっと他の何か、なんでしょうね。写真集でもその魅力は堪能できますが、オリジナルのプリントならもっとすごい力を感じるのだろうな、見てみたいな、と思わせる写真たちでした。彼が焼き付けるバレエは、崇高です。

収められた主な作品は(帯より)

  • ミハイル・バリシニコフ<若者と死><ジゼル>
  • ナタリア・マカロワ<アザー・ダンス><瀕死の白鳥>
  • スザンヌ・ファレル/ピーター・マーティンス<牧神の午後><シャコンヌ>
  • マリシア・ハイデ/リチャード・クラガン<ロミオとジュリエット><眠れる森の美女>
  • エヴァ・エフドキモワ<ジゼル>
  • ゲルシー・カークランド/イヴァン・ナギー<葉は色あせて><ロミオとジュリエット>
  • ガリーナ&ヴァレリー・パノフ<海賊><春の祭典>
  • ジュディス・ジャミソン<クライ>
  • ジャネット・エイルバー<フロンティアー>