noimage

撮影:Gundel Kilian
発行:Weing Arten(2006/05)
取り扱い終了


シュツットガルト・バレエの2007年カレンダーが届きました。ABTのカレンダーは約30センチ四方ですが、こちらは45x35センチ。全部モノクロで、スタジオでのリハーサル(ほとんどがレッスンウェア)を切り取った写真になっております。カレンダーの1枚1枚の紙質はものすごく上質という訳ではないけれど不足はない程度ですし、表紙の上に透明なプラシートがあったり、ボール紙の芯がついていたりと、かなりしっかしとした作りのカレンダーです。ABTのカレンダーからすると高い印象がありますが、商品としての質はいいですよ。

フォトスタジオで撮ったカラーの「きれいな写真」がお好みの方やいろんなタイプの写真が見たい人には物足りないかもしれませんが、上の表紙写真みたいな写真家と被写体の距離感とか写真の空気感がお好きならば、お勧めです。私はとても気に入りました。

1月「交響曲第7番(ウヴェ・ショルツ振付)アリシア・アマトリアン、イヴァン・ジル・オルテガ
2月「フォー・テンペラメント(ジョージ・バランシン振付)」Magdalena Dziegielewska、マリジン・ラドメイカー
3月「レ・シルフィード(ミハイル・フォーキン)」Anna Osadcenko 他
4月「白鳥の湖(ジョン・クランコ)」Diana Martinez Morales
5月「ロミオとジュリエット(ジョン・クランコ振付)」アリシア・アマトリアン、フリードマン・フォーゲル(表紙の写真)
6月「ロミオとジュリエット(ジョン・クランコ振付)」エレーナ・テンチコワ、ジェイソン・レイリー
7月「じゃじゃ馬ならし(ジョン・クランコ振付)」エリック・ゴーティエ、アレクサンドル・マカシン
8月「カジミールの色(マウロ・ビゴンゼッティ振付)」ブリジット・ブライナー、アレクサンドル・ザイツェフ
9月「じゃじゃ馬ならし(ジョン・クランコ振付)」イリ・イェリネク
10月「ルル(Christian Spuck)」カーチャ・ヴュンシェ、エヴァン・マッキー
11月「ロミオとジュリエット(ジョン・クランコ振付)」フリードマン・フォーゲル、ミハイル・カニスキン、アレクサンドル・ザイツェフ
12月「ロミオとジュリエット(ジョン・クランコ振付)」スー・ジン・カン、フィリップ・バランキエヴィッチ

「ロミオとジュリエット」の組み合わせは全部日本公演で見られたものと同じなので、自分の思い出と直結しているのが「いいなー」と思う理由の1つかも。11月のフォーゲル/カニスキン/ザイツェフは、仮面舞踏会に潜入する前にボーイズ3人で踊るところ。あの3人組はかわいかったよねー。公演を思い出しちゃいます。