今日の朝日新聞土曜版にメリメのカルメン(というか、カルメンの舞台であるセビリア)が取り上げられておりました。

カルメンは「葉巻は適度の油と柔らかさのある女性の太ももで巻くのが一番良質とされた」時代のお話なのだそうです。それは知らなかった!原作も読んでいますし、物語の雰囲気が伝わってくる映画「carmen.」も見ましたが、タバコ工場で作業中の女工たちなんて描写は(確か)なかったし、なぜ女工がいるのかなんて疑問に思ったことすらありませんでした。一般常識だったら恥ずかしいぞと思いつつ、目から鱗だったのでメモ書き。