2007年2月2日 新国立劇場オペラ劇場

クレジット

振付:マリウス・プティパ/改訂振付:コンスタンチン・セルゲーエフ/音楽:P.I.チャイコフスキー/台本:マリウス・プティパ、イワン・フセヴォロジスキー/演出:オレグ・ヴィノグラードフ/舞台美術・衣装:シモン・ヴィルサラーゼ/照明:ウラジーミル・ルカセーヴィチ
指揮:エルマノ・フローリオ/演奏:東京交響楽団

キャスト

オーロラ姫:川村真樹
デジレ王子:貝川鐡夫
リラの精:湯川麻美子
カラボス:ゲンナーディ・イリイン
フロリナ王女:さいとう美帆
青い鳥:江本拓
国王:長瀬信夫
王妃:坂西麻美
優しさの精:本島美和
元気の精:寺島まゆみ
鷹揚の精:西山裕子
呑気の精:高橋有里
勇気の精:遠藤睦子
カタラビュート:小原孝司
花婿候補:マイレン・トレウバエフ、冨川祐樹、中村誠、市川透
女官:寺島ひろみ、本島美和、丸尾孝子、寺島まゆみ
踊り子:遠藤睦子、さいとう美帆、西山裕子、大和雅美
伯爵夫人:楠元郁子
ガリフロン:石井四郎
猟師:吉本泰久
村の娘:高橋有里
ダイヤモンドの精:大和雅美
サファイアの精:寺島ひろみ
金の精:大森結城
銀の精:前田新奈
白い小猫:本島美和
長靴をはいた猫:陳秀介
赤ずきん:高橋有里
狼:奥田慎也


感想

私の今年の初バレエでした。それが大好きな川村真樹さんのオーロラデビューだったので、何だかもうこちらが緊張しちゃって(笑)。この日は舞台全体がよい緊張感に包まれていました。それに、セルゲイエフ版の上演も今回が最後と思うと、全てのシーン全ての出演者が愛おしくてねー。誰かが出てくる度にうるっと来て、最初から最後まで目が潤みっぱなしでした。

川村真樹さんのオーロラ1幕は、キラキラのオーラを纏って笑顔を絶やさず、なんとも優雅でした。踊りの大きさや美しいライン、それに本人のおっとりした雰囲気が相まって、やんごとなきお家柄に生まれて大切に育てられた素直な姫君でした。たぶん身体も絞ったのでしょう、12月に「シンデレラ」仙女で見た時よりほっそりとしてましたね。1幕はさすがに緊張して見えましたが、要所要所は笑顔で決めて(自分の魅せ方を心得ているのには唸りましたよ〜)とても晴れやかでした。素晴らしい全幕主役デビューだったと思います。

川村さんは踊りの質的にも本人のタイプとしても大人っぽい雰囲気の人なので、どんな風に16歳のオーロラとして登場するかと楽しみにしていましたが、変にテンションを上げたりせずに自然な笑顔と踊りでそう魅せてしまうのはお見事でした。その時はただただ感激して見ていたのですが、今思い返すと、もしかしたら川村さんのオーロラは、16歳の誕生日の時点で、本人は気付いていないけど既に内面は成熟して、100年の眠りやその後に来る王子との幸せな結婚の準備も出来ていたのかも、と思えてきます。それは1幕のオーロラに必要とされるものが不足していたという意味ではなく、1幕から3幕までの彼女の役作りを思うとそんな気がするんですね。

2幕の夢の場で少し微笑むように王子と踊るのも、この人が自分を眠りから醒ましてくれる人だとわかっていて安心していると解釈もできるし、目覚めの場で王子の姿を見てちょっと戸惑うのは、王子の姿ではなく自分の内面が王子のキスで大人へ変わってしまったことへの戸惑いなのかな、とか(妄想が止まりません〜)。だから3幕の結婚式でのオーロラは内面と外観とが100年の後にようやく釣り合いがとれ、しかも隣りに王子もいるからとても幸せで居心地がよさそうに見えるのかな、とか。いや、ホントに妄想しまくりですけど。

彼女のオーロラを見て帰途についた時は、まるで「オネーギン」のタチアナのように物静かで読書が好きなオーロラだった、と思っていたんですね。何度も言いますが何かが足りないという意味ではなく、落ち着きと内面の豊かさを感じさせるオーロラだったから。で、それから彼女の踊りを頭の中で反芻し続けて、上のような妄想にたどり着いた訳なんですが。

妄想から離れられなくなるので、川村さんの事からひとまず離れます。
貝川王子は髪の毛を結んでいませんでした。前髪もウェーブを掛けて垂らす貝川仕様。彼については、ジークフリートやバジルより出来がよかったとは言えなかったと思います。まずジークフリートの時はかなり気にして踊っていた「王子である」意識が抜けてた。プロポーションや見た目の雰囲気の条件は揃っているのだから、その意識さえ忘れずにいられれば山本くんよりずっと王子になれるのにもったいないなー。踊りも地力はあるし丁寧に踊っているのはよくわかったけど、ちょっと不安定だったような。2幕はまだよかったけど、3幕は汗も息の乱れもすごくて心配しました。

貝川さんでツボったのは、狩りの貴族たちが退場した後に、自分の赤マントを舞台奥に置きにいきますよね。あそこでマントを軽く一畳みして置いたところ。王子としてどうなのかはわかりませんが(^^;)、貝川さんの地が見えて微笑ましかった(笑)。そしてこの場面は、王子の哀愁のソロがあったような記憶があったのですが、どうやら私の記憶違いみたいですね。割とすぐに妖精たちが登場してきました。

1つ気にかかっていることがありまして。川村さん、2幕の夢の場で袖に引っ込む時に、ちょっと脚を引っ掛けたんですよね。ヒヤっとしました。そして、どうもそれ以降、早いパの刻みが音から遅れだしたような気がするのです。憶測でものを言っては川村さんに失礼なのですが、もしかしたらその際に脚を軽く痛めたのではないでしょうか。と言っても、遅れがちでもパを省略することもなく踊り切っていましたし、大きな流れでは要所要所決めていたので気のせいかもしれませんけど。

でも、今まで見てきて川村さんが早いテンポを苦手だなんて感じたことは1度もなかったし、そう思えば、貝川さんのサポートが細心の注意を払っていたようで不安定に見えたことも、夢の場の川村さんが時おりみせたちょっと固い表情も納得がいく、んですよね。どんな状況でもベストなものを提供するのがプロだとすれば、怪我は言い訳にはならないのでしょうし、「怪我なら仕方ないよね」とこちらが言ってしまうのもダンサーに大変失礼なことですから・・・うーん、とにかく1幕の晴れやかさからすると、2幕中盤以降はほんの少しだけ翳りがあったような気はするんです。それでも、オーロラデビューとしては見事でした。できればあと1、2回はセルゲイエフ版のオーロラを踊らせてあげたかったな。

リラの精は湯川麻美子さん。過去の上演記録をあたって今更ながら気付いたのですが、彼女、新国でリラの精を踊るのは今回が初めてだったんですね。この日の舞台を支配する存在感と集中力の高さは見事でした。特に1幕の終わり、お城全体を眠りで支配していく様はよかったです。私が彼女のリラの精で好きなのは、序幕でちゃんと「この国のお姫様に祝福を与える」ためにその場にいること。その祝福こそが、カラボスの呪いを弱めたり王子をオーロラの元に導いたりって行動に繋がる訳で、湯川リラの序幕にはその慈愛を感じるんですよねー。ストーリーを語る役が似合います。踊りについては、私は彼女の普段のプティパものよりはよかったと思います。

国王と王妃は長瀬信夫さんと坂西麻美さん。坂西さんは「お嬢様のまま成長した王妃」のようでした。国王も妻というより娘のように可愛がっていそうな感じ。娘であるオーロラが落ち着いた雰囲気の川村さんなので、余計に少女らしさを残した王妃に見えました。別にそれは悪い事ではなくてそういう家族の形もありだと思いますけど、1幕の頭で編み針を見つけた国王が罰を下すかどうか悩むところでは、もう少し苦しみを分かち合える雰囲気があるとよいのになーと思ったりはしました。今まで見た王妃は「王の苦悩を共有して心を軽くしてあげる妻」に見えていたので。

あとは思いつくままにつらつらと書きます。

カタラビュート役の小原孝司さんの芝居が効いてました。台詞が見えるよう。

序幕の妖精たちでは、高橋有里さんと遠藤睦子さんの上半身の美しさがツボでした。特に決めポーズの時の肩から首にかけてのライン。

4人の王子は中村、冨川、マイレン、市川の順(前2人がちょっとうろ覚え)。みんな細かい芝居をしていますが、マイレンのそれが群を抜いてました。いつもは市川さんの方が目立つ位なのに、さすがにこの日は市川さんも緊張していたのでしょうか(笑)。帽子もいつもより目深にかぶっていて表情が伺えませんでしたが、いつもの婚約者サポートより真心がこもっていたようだと思ったのは、私の見方の問題でしょうか(^^;)。という訳で小芝居の可笑しさはマイレンが全部持っていっちゃってました。

イリインさんのカラボスは、まぁあんな感じでしょうか。1幕で煙幕が出てカラボスが消えるところの、煙幕の出方がちょっとシケてました。

2幕。伯爵夫人をラブラブ〜と追いかけて登場する奥田さんに一安心(笑)。彼のこのアピールっぷりが好きなのです。それを軽くかわす楠本さんの伯爵夫人もナイス。

高橋有里/吉本泰久の猟師ペアの踊りも可愛くて安定していて大好きです。

その後ろで踊る楽士たちがヤケに気合いが入っていたのは八幡さん効果?

間奏曲の音楽はピアニシモから艶やかでとても素晴らしかったです。うっとりと聴き惚れながら、マリインスキーのオールスター・ガラで見た「パヴロワとチェケッティ」のロパートキナとコルプの踊りを思い出し、幕に描かれたゴールドに花の絡み付いた門を見ながら、コルプのバラ模様のベストを思い出してました(笑)。

私はフローリオさんの指揮が映像で見ていた頃から好きで、新国でよくお目にかかれるようになった事をとても嬉しく思っているのですが、今回の東京交響楽団との組み合わせは素晴らしかった。細かく指示を出してオケを引っ張るフローリオさんに東京交響楽団もよく応えていました。所々「あら?」がない訳ではないのですが、平均点がずっと高い。今回の"新国立劇場バレエ「眠れる森の美女」"を牽引したのはフローリオさんだったと思います。

宝石の精はダイヤモンド=大和さん、サファイア=寺島ひろみさん、金=大森さん、銀=前田さん。大和さんの輝く笑顔が印象に残ってます。寺島ひろみさんをここに使うのは勿体ない気がするな。前田さんと大森さんの踊りはとても懐かしかったです。

本島さんの白い猫と陳さんの長靴を履いた猫は楽しかった!本島さんのコケティッシュな白い猫は、もしかしたら本来の振付のキャラからは少しはみ出た造形なのかもしれませんが、あそこまで観客を引きつけて2人のやり取りを見せるのはお見事。くるくる変わる表情もお手の物だし、全てがピタピタとハマって、踊りが終わった瞬間に観客の「ホゥ」という溜め息が聞こえました。

赤ずきんは高橋さんで狼が奥田さん。高橋さんったら、なんであんなに可愛い赤ずきんなんでしょう〜。奥田さんの狼は今回初めて見ました。サイズ小さめな狼だったかな、という気はするけどお相手が小柄な有里さんだから問題なしでしたね。奥田さん、ダンサーとしては好き嫌いを言える程ソロパートを見てる訳ではないのですが、新国の舞台で彼を見ると無条件に嬉しくなってしまうのです。

さいとうさんのフロリナ王女は落ち着いて見てられます。青い鳥のあの衣装はこの3幕の色彩から一人だけドぎつく浮いていると思いますが、次のプロダクションではかっこよい衣装になるといいですね(笑)。江本拓さんのヴァリは伸びやかでよかったです。でもサポートはもう少しがんばれ〜。


この日の公演は何度も同じ役で登場している方たちの役の工夫がよく見えて、舞台に深みが添えられていたと感じました。再演を重ねる大切さの一端が見えた気がするの。もちろん若いダンサーたちにはずっと同じ役で舞台に立ってもらう訳にはいきませんが、上演回数が多いほどダンサーの身体に音楽と役作りはしみ込んでいくし、それ自体がカンパニーの財産になる訳で。その意味でもレパートリーの採択とダンサーの起用にはもっと気を遣ってほしいものです。よいキャスティングだと思うこともありますけど、やっぱり首を捻ることの方が多いですもんね。

なんだか上手くまとめられずに長いままですが、とりあえずこれで一区切り。