「ジ・アトレ」が届きました。表紙が「オルフェオとエウリディーチェ」の極楽の場面、湯川エウリディーチェが極楽のヒーローたち(笑)にリフトされているところ。「椿姫」は1ページだけ紹介があって、主役陣の顔写真が並んでいます。新国立劇場バレエは来シーズン用にプロフ写真を一新したみたいですね。

今回は「椿姫」の郵送申し込み書あり。空席情報によると、初日11月4日のS席(ア〜カ)と、11月10日のB席(3階サ/シ)は△マークがついていました。10日については学校団体が入る予定があるそうですので、3階のその辺り4日のキャストはザハロワ/マトヴィエンコ/イリイン/テューズリー/西川、10日のキャストは本島/菊地/イリイン/ガリムーリン/湯川となっています。(マルグリット/アルマン/アルマンの父/伯爵/プリュダンス の順)


昨日書き忘れたのですが、7月31日にKulturからボリショイ・バレエの映画版「イワン雷帝」が発売になります。ユーリー・ウラジーミロフが主演の、以前VHSが発売されていたものです。Kulturにも商品ページが出来ていて、リージョンフリーとの記載があります。


それと、最近空き時間を利用して(拘束時間が長いものの、待機時間も多いのです。出かけていいならバレエに行けるんだけど、そうもいかないのがつらい所。)バレエDVDカタログの方に手を入れています。あると便利だなーと思っていた全エントリー一覧が、実は装備されていたことに今更気付いたので体裁を整えて、それからカテゴリーも見直したり、エントリータグを付け始めたり。全部にタグ付けできるのはずーっとずーっと先になりそうですが、データ検索などのお役に立てばと思ってます。