2007年11月4日 新国立劇場オペラ劇場

クレジット

演出・振付:牧阿佐美/音楽:エクトール・ベルリオーズ/編曲:エルマノ・フローリオ/舞台装置・衣裳:ルイザ・スピナテッリ/照明:沢田祐二/舞台監督:森岡肇
指揮:エルマノ・フローリオ/管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

キャスト

マルグリット・ゴーティエ:スヴェトラーナ・ザハロワ
アルマン・デュヴァル:デニス・マトヴィエンコ
デュヴァル卿(アルマンの父):ゲンナーディ・イリイン
伯爵:ロバート・テューズリー
プリュダンス:西川貴子
ガストン:イルギス・ガリムーリン
ナニーヌ(召使):神部ゆみ子
村人:小野絢子、井倉真未、福田圭吾
ジプシー:川村真樹、大和雅美、難波美保、千歳美香子、寺田亜沙子
メヌエット:マイレン・トレウバエフ、八幡顕光
アラブ:真忠久美子、中村誠、酒井麻子、細田千晶、今井奈穂、大湊由美
チャルダッシュ:遠藤睦子、西山裕子、丸尾孝子
タランテラ:高橋有里、吉本泰久、江本拓
医者:エリク・T.クロフォード


感想

新国立劇場「椿姫」初演、行ってきました。まずは初日の感想を。
新作の初演ということで、ダンサー、指揮のフローリオさん、オーケストラ、全てテンションが高い公演だったと思います。特にフローリオさんは編曲も手がけられた事でもあり、相当気合いが入っているようにお見受けしました。オケも彼のテンションに負けない演奏で、普段のバレエ公演より良かったと思います。少なくともこちらの集中力が削がれるようなエラーはなかった気がする。1幕/2幕とも指揮台を降りる前のフローリオさんは、奏者にブラヴォ連発。カーテンコールでザハロワに呼ばれたフローリオさん、満面の笑みだったなぁ。

そのザハロワは、本当に素晴らしかったです。見る前は正直に言って、彼女はドラマティック・バレエには向かないのではないかと思っていました。しかしそれは全くの杞憂。台詞が聞こえてくるような演技と踊りの確かさ、輝くばかりの美しさ、どれもが素晴らしくて目が離せませんでした。振付がクラシックを踏襲したものだった事もプラスに作用したかもしれません。

少女のような側面のあるザハロワのマルグリットは繊細なガラス細工のような印象を与える一方で、身体能力の高さがその愛情の一途さと強い想いを表しているように見えました。1幕1場で伯爵から与えられた高価なブレスレッドを喜ぶのも、贅沢が好きというよりも美しいものだから純粋に嬉しい、という感じ。新作初演の主役をゲストダンサーに与えるなんて、とカンパニーのファンとしては淋しく思っていましたが、ザハロワは見事にその役目を果たしてくれたと思います。ありがとう、と言いたい気持ち。公演から2日経って思い返してみても、あのマルグリットはザハロワならではだと思います。

マトヴィエンコもとても良かったです。渾身のアルマンでした。彼の特性に合う役だろうとは思っていましたが、あのハードな振付をあそこまで美しく激しく踊れたのはマトヴィならでは、ではないでしょうか。1幕最後のソロは見応えがあって引き込まれました。2,3年前の彼には新国でのゲストパフォーマンス(特に初日)は時おり"お仕事"的なものを感じた事もありましたが、もうその頃の彼はいない、と認識を改めることにします。この日のパフォーマンスは大熱演で本当に素敵でした。

特筆ものだったのはテューズリー演ずる伯爵。あの演技力!踊りの見せ場はほとんどない役どころでテューズリーに演じてもらうのは申し訳ないような役ですが、演技力と存在感、それと社交界の粋と洗練が必要な役だから、彼が演じてくれた事でドラマに厚みが出たし、ぐっと引き締まった。いや、実際、あれくらい素敵な伯爵なら囲われてもいいんじゃない?(笑)。

神部ゆみ子さんのナニーヌとデュバル卿役のイリインさんも場を引き締めていましたねー。感心しました。マルグリットとアルマンの恋物語に重点が置かれている為に、プリュダンスやガストンはただ「友人」的な扱いになっておりまして、西川さんのプリュダンスもガリムーリンのガストンも普通にいい人っぽかった。この2人に陰影がつくとドラマに厚みが出ると思うのだけど、2幕2時間の作品じゃ難しいのかなぁ。

1幕2場の村人のパ・ド・トロワ、小野絢子さん、井倉真未さん、福田圭吾さんはとっても爽やかでした。福田さんはやっぱりちょっと雰囲気が山本さんに通じるところがあるかも。サポートは危なげない、ように見えました。

2幕1場のディヴェルティスマンは「椿姫」なのに、と違和感を覚えた方もいらっしゃると思いますが、私はすごく楽しかったです。というか、ここへきてようやく"新国立劇場バレエの新作"を見ている実感が湧いた(笑)。新国立劇場で主役を張るソリスト陣が続々登場するディヴェルティスマンですから、私としてはお得だし楽しくて仕方ない、ってことで。

舞踊一座の頭(?)としてアラブの中村誠さんが最初からその場にいまして、彼が鮮やかなエメラルドグリーンの衣装を着ているのですが、とても色っぽくてドキっとしました。こんなフェロモン発散系だったっけ?と。しかもこういう一座の頭に必要と思われる、"食えない奴"的な雰囲気すら漂わせていて目が釘付け!私、陥落したかもしれない(笑)。

ジプシーは川村真樹さんと他4人。端正で上品が持ち味の彼女が"ジプシー"なんて!と思っていましたが、真ん中を踊る"押し"と"華"が出て来たなぁ、とホレボレ。もう少しアクの強い人が踊る方がハマるだろうけど、彼女の新たな魅力を見せてもらえた気がする。この手のキャラクターとしてはほころびかけの蕾と感じましたが、11日に見る時には大輪の花を咲かせていそうで楽しみ。

大爆笑のメヌエット。マイレンは1幕1場の客人として登場した時に「眉が...」と気になっていて、その理由がここで判明したのでした。もう笑っちゃって笑っちゃって。なんて芸達者なんでしょう〜。しかも手脚の運びは美しいし。八幡さんもこういう"翻弄され系"が上手くて最高でした。

アラブも最高でした。真忠久美子さんの艶やかさに磨きがかかっていて、しかも"私を見ずにはいられないでしょう?"的なオーラ。一緒に踊る中村誠さんも踊りのラインは綺麗だし、前述の通りフェロモンは垂れ流しだし。2人ともとても楽しそうに踊っていたし、見ているこちらも楽しかった。ブラヴォー。

チャルダッシュのアレグロ3人組(かな?)は初日で多少固くなっていたかもしれません。他のダンサーたちなら絶賛したと思いますが、3人とももっと踊れるのを知っているので若干評価は辛め?しかしこのテンポでこの振付を女性3人で魅せてしまう力量はサスガです。

タランテラの3人は、よく組む高橋有里さんと吉本泰久さんに加えて江本拓さん。んー、やっぱり初日のせいか、高橋さんと吉本さんは感心する位にぴったりなんだけど、江本さんは少し余韻を含ませる人なので、その分"はみ出た"ように見えてしまったかな。そういう意味ではもう1組のタランテラもさいとう/バリノフに合わせなければいけない福田圭吾くん、という図式になりそう。興味深いです。


初日という事もあって、カーテンコールは長く熱烈なものでした。芸術監督で振付担当の牧さん、美術スタッフのスピナテッリさんと沢田祐二さんも登場。

駆け足の2時間、という印象で「感動した!」とか「おもしろかった!」と強烈に感じる事はできませんでした。でも、また見たいとは思った。今回キャスティングされた4組は、どの組を見ても全然違うドラマが待っている気がします。


とても長くなりますが、初日を見た範囲でプロダクションについても書いておきます。

音楽について。
初演の舞台から感じた事なので今後見るうちに印象が変わる可能性もありますが、ベルリオーズの音楽はところどころ、ドラマを引き立てる役に立っていなかったようでした。とても合っていて素晴らしいと思った場面もあったのですが、音楽が舞台上のダンサーを後押ししないところもあり、多少の物足りなさが残りました。

例えば他の物語バレエには、曲を聞いただけでバレエの感動を思い出して胸を揺さぶられる事がありますよね。でも、今回使用されたベルリオーズには今のところそれがない。まだ1度しか見ていないのだから、とも思います。後述する通り、演出も割とさらっとしていたので曲のせいだけではないかもしれません。

美術について。
スピナテッリさんお得意の紗幕を使った美術が綺麗でした。今回は印象派の絵画をモチーフにしたバックドロップがメインの舞台装置で、オペラの「椿姫」的な豪華な調度品はほとんどなく(椅子や机、カウチなど、各場に数脚ずつ)、それが多少肩透かしでした。2時間という時間の中で場の展開を速やかに行う為には仕方ない事だと思いますけれど。

最期のマルグリットの回想は、小道具(ブランコなど)や紗幕を照明で浮き上がらせるなど、とても能弁で美しかった。沢田祐二さんの照明は際立っていて、特に心理描写を必要とする場面は見事です。

衣装は素敵でした。テキスタイルはスピナテッリさんとしては(というか他の新国立プロダクションで彼女が手がけたものから比べると)かなりシンプルなものを使っていたような気がします。その分だけバックドロップが能弁に感じたのかもしれませんね。アラブの衣装のエメラルドグリーンがはっとする鮮やかさで目に残っています。チャルダッシュの衣装は「こうもり」のそれとよく似たもので、というか違いが挙げられる程「こうもり」の衣装のディテールを覚えていないので「同じ?」と思ってしまいました。あちらもスピナテッリさんの衣装でしたよね。

マルグリットの衣装は1幕1場(マルグリットの家のサロン)が白のドレス。2場(パリ郊外の別荘)も白のドレスですが、スカートにレースや青い小花がところどころ散らされた繊細で可愛らしいものでした。2幕1場(プリュダンスの館)は黒のドレス、2場(マルグリットの寝室)はベージュ系の部屋着に白のガウン。神々しいほどに美しいザハロワによく似合っていました。

振付と演出について。
「椿姫」というと一般にドラマティックバレエを想像しますが、牧さんは極力(いわゆる)クラシックの様式を用いているようでした。振付の語彙においても新しい言語ではなく慣れ親しんだクラシック語彙が中心。それにマクミランを思わせる振付もあり、特に主役を踊るカップルにとってはなかなかハードな作品に仕上がっているように思います。

構成の面でも、プリュダンスの仮面舞踏会の出し物としてディヴェルティスマンを配すなどプティパのバレエに準じているように感じました。「椿姫」という枠組みの中では好き嫌いが分かれる構成かもしれませんが、新国立劇場バレエの魅力的なソリストたちの見せ場を作るという意味では、私は居心地が良かったです。特に初日は主要キャストにゲストが多数配されていましたから、この場面でようやく『新国立劇場の新作』って感じになったのね。

上演時間が約2時間というスピーディな展開のため、かなりサラッとした印象が残ります。主役の踊りは十分ハードだし、ザハロワとマトヴィエンコの揺るぎないテクニックで踊られたそれは相当すごかった。にもかかわらず「さらっとした」という印象を覚えてしまうのは、やはり演出か構成あるいは音楽(またはそれら全て)に起因する何かがあるのではないか...と思った次第。

いずれにしても初演。重ねて見ることでこちらの印象も変わってくると思います。1から作品を作り上げる行程の気の遠くなるような作業の数々は私には想像も出来ない困難さを伴う事でしょう。それをやり遂げて初日を迎えたスタッフとカンパニーのみなさんには敬意を表したいと思います。どうか今後もその手を緩めずに、少しずつでも手を加えてこの作品を新国立劇場バレエが誇る素晴らしい作品に育てていって欲しいと心から願います。きっと、舞台にのせて観客の前で披露した事で見えて来た事もあるでしょうからね。期待しています。