昨日はモスクワ音楽劇場バレエ「白鳥の湖」を見に行ってきました。演出も美術もとっても素敵。チェルノブロフキナも素晴らしかったし、4幕の白鳥たちと王子のシークエンスは切なくて泣けてきました。それと、オケを連れてきてくれたのがとても嬉しい。ハープの音の厚みが、やっぱり全然違いますものねぇ。とてもよい公演で今年を締めくくれたので嬉しくて、寄り道して乾杯して帰りました。終電だったので、今日はちとつらい。

主席指揮者さんはめちゃくちゃ熱い指揮っぷり。前の方の座席で見ていた方は(ピットが浅くて指揮者の上半身丸見えなので)困る方もいらしたと思いますが、私は通路の後だったので時々目に入って笑っちゃう位でした。ホントはあと1回位は別キャストで見たかったのだけど。どうして年末のこの時期なのかしらねぇ、ホントに。

DANCE MAGAZINE (ダンスマガジン) 2008年 02月号 [雑誌]
ダンスマガジン2月号も、昨日届きました(DDDはまだ...)。表紙のザハロワ(新国『椿姫』)にうっとり。あと、とても珍しい事に新国「椿姫」は4キャストとも写真が掲載されていたのが嬉しかったです。写真で見たところ、本島/菊地組も絵になっていて、この日も見たかったと改めて思いました。

まだほとんど読んでいないのですが(じっくり読むのは年明けまで我慢)、2008年来日予定の中にナチョ・ドゥアト スペイン国立ダンスカンパニー『ロミオとジュリエット』を見つけて狂喜乱舞しています。また東京には来てくれないみたいだけど、日本に来てくれるのが嬉しい。しかも「ロミオとジュリエット」だもの。今度は関西公演もありますね。
11月22-24日 彩の国さいたま芸術劇場/11月29日 びわ湖ホール大ホール。

新国立劇場バレエ「椿姫」レビューの他にKバレエ「トリプルビル/白鳥の湖」、2008年の年鑑やベジャールさんの追悼記事、それに特別付録DVD(2008年輝くスターたち)といった内容のようです。