Side Ballet Eyecatch

レビュー「Dancers」アニー・リーボヴィッツ

Dancers (Photographers at Work)

発行:Smithsonian Inst Pr (1992/11)
商品の寸法:24.8 x 21 x 0.6 cm

「アニー・リーボヴィッツ」。
その映画の予告編にミハイル・バリシニコフを見て、この写真家が撮ったバリシニコフの写真があるハズ!とamazon.comのマーケットプレイスで「Dancers」という写真集を取り寄せてみました。他にもバリシニコフが収められているだろうと思われる写真集あったのですが、「Dancers」というタイトルには外れがないと思われるし、信頼しても良さそうな出品者からコンディション的にも価格的にも悪くないものが出ていたので。

届いた本は写真集というよりムックの体裁の割と薄い本で、全体に黄ばんでいました。買った時に説明されていたコンディションなんて、もう忘れちゃった。経年経過を考えればそうひどいコンディションではないし、写真はしっかり楽しめるのだからこれでよしと致しましょう。

この本に収録された写真は89年から93年頃にかけて撮影されたモノクロームです。表紙こそバリシニコフだし、彼とマーク・モリスがホワイト・オーク・ダンス・プロジェクトを立ち上げた頃のカンパニーの写真が一番多いのですが、他にもNYCBのダーシー・キスラーやロバート・ラ・フォス、(それに、ダーシーとピーター・マーティンスの2ショットがとても美しい)、トワイラ・サープ、ポール・テイラー、デヴィッド・パーソンズなどの写真が掲載されていました。

舞台の写真ではありません。フォトスタジオでのセッションと、例えばWODPのスタジオなどで踊るダンサーたちの自然な様子を収めたもの、更にホワイトオークプランテーションの自然の中に置かれたソファでニンフよろしく全裸ポーズをとるマーク・モリス(!)などのコマーシャルフォト的に作り込まれた写真など。ダンサーたちの捉え方すら一筋縄ではないのです。

そしてそこには、被写体であるダンサーたちの肉体の美が収められている訳ですが、んー、ダンサーを被写体とした他の幾多の写真とは、撮影者の目線が違う気がします。その美を崇める視線と同時に、ユーモアと言ってもいい暖かみがある。とてもいい雰囲気でシューティングしているのが分かるし、被写体の人格まで透けて見えそう。それに、この時代特有の空気も感じます。

もっと彼女の写真を見たい、と思いました。機会と予算があれば、「The White Oak Dance Project」「American Ballet Theatre: The first fifty years」といった彼女の他の写真集も取り寄せてみたいです。

私はその映画の予告編を見るまでアニー・リーボヴィッツという名前は知りませんでした。有名なジョンとヨーコの写真やデミ・ムーアの妊婦写真は見た事はあるけど、撮影者には興味がわかなかった。そういうところにまで関心が届かない人間だったのよね。今ならば、美しいと思った写真は必ずクレジットを見るし、他にどんな写真を撮っているのか調べるけれど。

なので、今も映画の予告編程度にしか彼女の事はわかりません。この本に収められた写真を見て彼女自身にもとても興味がわいたので映画は見ようと思っています。

Comments [2]

No.1

こんな本が出ていたんですね!ぜんぜん知りませんでした。アニー・リボヴィッツは新宿の三越南館にまだ美術館があったころに展覧会を見に行きました。もう10年以上前のことです。
それと、去年たまたま出張で行ったサンディエゴで、写真展を見に行ったのですが、本当にいろいろなことを考えさせられました。
http://dorianjesus.cocolog-nifty.com/pyon/2007/04/annie_leibovitz_00cd.html
にそのことが書いてありますので、よろしかったらどうぞ。ここでもミーシャの素敵な写真を見ることができました。

No.2

naomiさん、写真展ご覧になっているんですねー。ご紹介いただいたエントリーは拝見していたハズなのに。

私が今回買った本は彼女の活動の本当にごく一部だけを切り取ったものですが、それでも十分に彼女の個性が伝わってきました。

彼女の別の面にも、ゆっくりと触れていきたいと思います。映画も公開されるし、日本にも回顧展が来てくれるといいですね。

このページの上部へ

プロフィール

ゆう:ただいま劇場通いはお休み中。その間もバレエから離れられずブログ更新していましたが、そちらも現在は滞りがち。どちらも元に戻れるかどうか自分でも心配…。

サイト内検索

バレエ映像カタログから検索したい場合は「バレエDVD/Blu-ray/VIDEO」の検索欄をご利用下さい。

このブログについて

2016年2月にスマートフォン・タブレットでも見やすいデザインに変更しました。過去記事も順次対応させて参りますが、しばらくの間お見苦しいところが多々あると思います。お許し下さい。

スパム防止のため、トラックバック停止/コメントは投稿日より2ヶ月間受付とさせていただいています。

月別アーカイブ

for Mobile

qrcode

ガラケー用QRコードです。