あっという間に9月がやってきました。
すっかり出遅れてますが、東京バレエ団がマラーホフ版「眠れる森の美女」を1月に再演するそうですねー。発表になった途端、ものすごい勢いでバレエ関連サイトさんに情報が掲載された事からも、注目度の高さが伺えます。

その辺りはミハイロフスキー劇場の公演もあって、なかなか算段が難しいように思いますが、ヴィシニョーワとマラーホフの全幕はとても久しぶりだし、小出/後藤ペアの日にはマラーホフがガラボスで出るというし、なんとか2回は行けるといいな...。楽しみですね。それにしても東京バレエ団、海外公演からこっち公演がぎっしりですね。

  • NBS最新情報:東京バレエ団 マラーホフ版「眠れる森の美女」上演決定!(http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/2008/08/post-62.html )
  • チャイコフスキー記念東京バレエ団 スケジュール(http://www.thetokyoballet.com/schedule/)

さて、クラシカジャパンの10月放映予定がわかりましたので、お知らせしておきます。10月の目玉は何と言っても!ルドルフ・ヌレエフの最新ドキュメンタリー『ミラノ・スカラ座のルドルフ・ヌレエフ(Rudolf Nureyev Alla Scala)』です。イタリアではDVD化されていますので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。日本語字幕を付けてクラシカで放映してくれるなんて、とても嬉しいです。10月が待ち遠しい!

という訳で、10月はヌレエフ特集。スカラ座の「真夏の夜の夢」も放映されます。オペラも面白そうなコンテンツがいろいろ放映されるので、久しぶりに契約しようっと。

  • CLASSICA JAPAN -- 来月のラインナップ(http://www.classica-jp.com/lineup/index.html )

クラシカジャパン10月の放映予定

  • ミラノ・スカラ座バレエ「真夏の夜の夢」
  • ボリショイ・バレエ「黄金時代」
  • ドキュメンタリー「ミラノ・スカラ座のルドルフ・ヌレエフ」
  • ウィーン国立歌劇場バレエ「白鳥の湖」(フォンティン/ヌレエフ)
  • ロイヤル・バレエ「リーズの結婚」(コリア/コールマン)
  • キーロフ・バレエ「コッペリア」
  • 「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン 1956」
  • ミラノ・スカラ座バレエ「ロミオとジュリエット」(フェリ/コレーラ)
  • ウィリアム・フォーサイス「フロム・ア・クラシカル・ポジション」
  • ジョフリー・バレエ「緑のテーブル」
  • ブランカ・リー・カンパニー「アラーム」
  • マイヤ・プリセツカヤ「イン・カンバセーション/イン・パフォーマンス」