2008年12月6日マチネ 東京文化会館 大ホール

クレジット

音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー/台本・改訂振付・制作:ユーリー・グリゴローヴィチ/原振付:マリウス・プティパ、レフ・イワノフ、アレクサンドル・ゴールスキー/美術:シモン・ヴィルサラーゼ/音楽監督・共同制作:パーヴェル・ソローキン/照明:ミハイル・ソコロフ
指揮:パーヴェル・クリニチェフ/管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団

キャスト

オデット/オディール:アンナ・アントニーチェワ
王妃(王子の母):マリーヤ・イスプラトフスカヤ
ジークフリート王子:ドミートリー・グダーノフ
ロットバルト:ユーリー・バラーノフ
王子の家庭教師:アレクセイ・ロパレーヴィチ
道化:ヴァチェスラフ・ロパーティン
王子の友人たち:アンナ・ニクーリナ、アナスタシア・ゴリャチェーワ
儀典長:アレクサンドル・ファジェーチェフ
ハンガリーの王女:ユーリヤ・グレベンシチコワ
ロシアの王女:オリガ・ステブレツォーワ
スペインの王女:アナスタシア・メシコーワ
ナポリの王女:アナスタシア・ゴリャチェーワ
ポーランドの王女:エカテリーナ・シプーリナ
3羽の白鳥:ネッリ・コバヒーゼ、ユーリヤ・グレベンシチコワ、ヴィクトリア・オーシポワ
4羽の白鳥:チナラ・アリザデ、スヴェトラーナ・グネードワ、スヴェトラーナ・パヴロワ、アナスタシア・スタシケーヴィチ
ワルツ:オリガ・ステブレツォーワ、ヴィクトリア・オーシポワ、アレーシヤ・ボイコ、アンナ・オークネワ、カリム・アブドゥーリン、デニス・サーヴィン、ウラジスラフ・ラントラートフ、エゴール・フロムーシン


感想

グリゴローヴィチ振付/演出の「白鳥の湖」は生で初めて見ました。以前のバージョン映像で見ていますが、今回の新版のエンディングは超悲劇らしい、という事だけ事前に聞いていました。休憩1回でいわゆる1/2幕と3/4幕を続けて上演するのでスピーディな展開かと思いきやそうでもなく、割とずっしりどっしり話が進んでいったような。グリゴロ版らしくマイム排除で踊り満載。

この日は3階正面からで、舞台全体を見渡すのに最良でした。

演出

グリゴロ版のジークフリートは他の版ほど子供っぽいところがなく、母妃から授けられる剣と勲章(かな?)によって騎士に任じらます。従って弓を受け取って少年のように喜ぶ事もなく、騎士となる事に名誉や重責を感じて気を引き締めている、、、ようでした。男性陣を引き連れての乾杯の踊り(これ大好きなの!生で見られて嬉しかった〜)も王位への決意のようなものが感じられる場面となっていますよね。この他にも、1幕1場の母妃とお供たちの登場シーンや2幕1場の儀典長と一行によるダンスシーンはボリショイの様式美という感じで好きです。

ロットバルトは「悪の天才」と称されているようですが、来日公演では普通にロットバルトと表記。そう(=悪の天才)呼ばれてしまうくらいに舞台を支配する存在感を要するのが、グリゴロ版のロットバルト。王子とユニゾンで踊るとこも多く、物語の運命を握る役どころだけに王子役と実力/存在感とも拮抗したダンサーが配されるべき役であって、でなければ物語の面白さが半減してしまう重要な位置づけ。

つまりはロットバルトがジークフリートを魔力で翻弄するのがグリゴロ版の特徴だと言えると思いますが、ダンサーの力量の他にも美術の項でも触れる「幕」と照明などの効果などからも、物語全体にロットバルトの魔力が影響を及ぼしているのがよくわかります。ただ、あまりに救いのないラストシーンに、見終わってから「どうしてジークフリートがこんな目に遭わなきゃいけないの...」と思わずにはいられなかったので、その辺の背景が分かれば尚よかったのに、とは思いました。

ラストシーンは曲の使い方もねー。ハッピーエンドであれバッドエンドであれ、やっぱり最後はあの最後の曲で終わってくれれば、まだ受け入れられるんですけど。


オデットとオディールも、見方によってはロットバルトの魔力で王子が見せられる幻ととらえる事もできる。少なくとも、この日のアントニーチェワと、翌日マチネのクリサノワはそう見た方が自然な気がしました。王子の近くにいるようでいて、どこか遠くの存在のように見えるというか...。

オデットたちの登場シーンについては美術の項に書きますが、その後オデット以外の白鳥たちとロットバルトがいなくなり、オデットが舞台中央から上手奥に歩いていって、そこからいわゆるオデットの登場シーンがスタート。このグリゴロ版の演出ではスモークやドライアイスの類いは一切使っていないのに、何だか、急速に視界が開けたような錯覚に陥りました。そう、まるで王子共々幻の世界へ吸い込まれてしまったような。翌日1階席で見たときはそこまでの感覚は得られなかったので、上から見たからこそだったのでしょうか。

白鳥たちの振付はイワノフ準拠という感じであまり大きな改訂はなかったように思いますが、王子が弓を持っていないので、「どうか白鳥たちを傷つけないで」というマイムはなし(ザハロワはやってた)。それと、今まで王子の腕の中にいたオデットが、まるで幻のように白鳥たちの群れにまぎれて去ってしまったところ位かな...。この部分がまた印象的で、もう私にはこの湖畔での出来事は王子の見た幻影だとしか思えなくなってしまったのでした。

あ、待てよ...。そういえば「繰り返し」をうまく使っているなーと感心した事を思い出しました。具体的には、2幕1場のオディールに1幕2場のオデットと同じ振付で踊らせてみたり、2幕2場の白鳥たちに1幕2場と同じように踊らつつ「でも運命は動いてしまった」と思わせたり。


2幕1場の花嫁候補たちはそれぞれ白をベースにお国ごとに特色を持たせた意匠。お付きを引き連れて登場します。この後で王妃や廷臣たちが着席するんだっけ?で、王子が来る前にディヴェルティスマンです。それぞれの花嫁候補がリーディングソリストとなって、お付きたちと踊るかたち。

ロットバルトとオディールの登場シーンも印象的。中央に幕が降りて王妃や廷臣たちを隠し、オデットの両脇には黒いチュチュの手下が登場。腕を印象的に使った挑発というより挑戦的と言っていいような振付でオデット軍団が踊るのです。それまでの祝宴の世界を、幕と照明で切り離して別世界のような空間で繰り広げられるオディール軍団の踊り。この演出は上手い!ここでまたロットバルトが王子を惑わしてしまうのだと感じました。

2幕2場については、ラストシーンにつきる、のでしょう。マント幕の後ろにオデットを連れ去ったロットバルトが、幕の手前から見ている王子の目の前でオデットを殺めてしまう。それを見て嘆き悲しむ王子の姿で幕。...「白鳥」史上一番可哀想な王子と言えるのでは。

公演から1ヶ月経ってもまだイロイロ考えてしまう位、この「白鳥」は衝撃的でした。また見たいな...


美術

上述の通り1/2幕と3/4幕を1つにまとめ、全2幕での上演。場面転換は暗転+照明や紗幕を巧く使って行われるのでもたつきを感じる事はなかったし、場の合間に昇降する幕が2種類あって、それが非常に効果的に使われていたのがとても印象的でした。

1枚は舞台を前後に遮断する幕で、後ろ側に置かれた祝宴の席やそこに座る王族たちを一時的に隠し、舞台前方で進む出来事に観客の目を集中させたり、キャラクターが登場前に隠れる場所としても使われるもの。ロットバルトとオディール軍団の登場シーンがそれです。

もう1枚はロットバルトのマントを思わせるような紗幕。上の方にロットバルトの頭のシルエットがあり、紗幕部分を囲むようにマントらしき縁取りがあったので、たぶんそうに違いないと思っているのだけど。

1幕2場の頭でこの幕にライトがあたって内側にいる三角形に並んで羽ばたくオデットと白鳥たちが浮かび上がり、それを手前から王子が見て驚くという演出は非常に鮮やか。王子だけでなく私まで鳥肌ものでした。その時にこれはロットバルトが王子に見せている幻だ、と思いました。ここからロットバルトが王子に見せる幻の世界が展開するのだと。

また、2幕2場のラストシーンではこの幕の向こうでロットバルトがオデットを殺めてしまうのを王子が手前から見て悲嘆にくれるというもので、この紗幕の向こう側を、王子の手の届かない魔界と見ることもロットバルトが王子に見せた幻と取る事もできると思ってみていました。

背景幕はずっと同じボリショイ「白鳥」と言えばアレ、というブルーからグレーの様々な色で湖面にも壁にも見えるようなもの。1幕1場の王子の誕生日を祝うシーンはそのプロダクションによって、場内の庭園であったり回廊であったり色々な場所で行われているけれど、このグリゴローヴィチのプロダクションでは背景幕の為に室内で行われているように見えるので、物思いに沈む王子を置いて客人や家庭教師たちが出ていってしまうのも自然に感じられました。

1幕2場の湖畔の場面では、ボリショイ「白鳥」の映像で何度も見ているあの独特な青さの照明が目の前に出現した事に感動!そうこの青だよー。同じ感動は1幕1場で登場したダンサーたちや王妃の衣装にも味わいました。2001年の新版との事ですが、伝統的な美術を継承している部分を見られたのは個人的にかなりポイント高かったです。


ダンサー

グダーノフは大柄な人だらけのボリショイにあっては決して大きい方ではありませんが、3階から見ても跳躍はふわっと軽く高いし、踊っている時にあるべきところに手脚が収まっていて美しい。それが彼の佇まいに品格を与えているように感じました。ことさら内省的に見せている訳ではないのに憂いがかって見えるというのも、ジークフリートという個性によく似合っていると感じます。

王子の友人たち(ニクーリナ/ゴリャチェーワ)とのパ・ド・トロワも王子自身が踊るハードさでしたが、とにかくグダーノフの踊りが綺麗で音楽的なのにうっとりと見とれてしまいました。ただ、もしかするとサポートに少し難点があったかもしれません。グダーノフのせいかどうかわからないので断言できないけど、このパ・ド・トロワでもアントニーチェワとのパ・ド・ドゥでも相手の女性がところどころ踊りにくそうだったり、サポートされて静止の時に不安定だったりしたので気になりました。彼はこの翌日にクリサノワとも踊っているので、その辺も関係あったのかもしれませんけれど。


アントニーチェワのオデットはほっそりと優美で儚げ。たぶん彼女を見たのは初めてだと思うのですが、手脚が長く美しいラインを持ったダンサーですね。元はルンキナ見たさに取ったチケットだったのでルンキナの降板は残念でしたが、アントニーチェワのバレエを見られた事は幸せだったと思います。あの高い甲はぜひ1階席で堪能したかった...

オディールとして登場した時もあまり表情をかえず、ロットバルトが遣わす魔力の一端として王子を追いつめていくようでした。一般的と思われる演出(オディールは自らの魅力で王子を魅了してしまう)の観点で彼女のオディールを見てしまうと物足りなさを感じたかもしれませんが、ここまで何度も書いている通り、私としては、ロットバルトの魔力あるいは呪いにより王子がオディールに夢中になってしまうのは必然だから誘惑する必要はないのだと感じていました。

オデットでは少し不安定さを残していたアントニーチェワでしたが、オディールは余裕のある踊りっぷり。あの短調でのオディールのヴァリエーションも軽やかに音楽的に踊っていてとても印象に残りました。これぞボリショイのプリマ、という感じ。全てシングルでまわったグランフェッテの最後はちょっと乱れたような記憶もありますが、それよりも今(公演から1ヶ月経過)になってもやすやすと想い浮かべる事ができるほどに作品に忠実な役作りが印象に残ります。

また、アントニーチェワとグダーノフは大げさに演技する訳ではなく、踊ることから透けて見える個性を大切にしているように見えた事で、2人のバランスがとてもよいとも思いました。ドラマティックに恋に落ちるのが見える訳ではないけど、だんだんに2人の心が寄り添っていくのがわかる。そして、この2人が振付と演出に忠実に舞台を生きた事で、プロダクションそのものを堪能できたという意味でもボリショイ・バレエ団の「白鳥の湖」だったなー、と。


ロットバルトはバラーノフ。いかにもボリショイのダンサーという感じがします。体格がグダーノフとあまり変わらないせいか、ユニゾンで踊るところは身体の使い方までピッタリ。王子を操る禍々しさがあって、みるみるうちにグダーノフがロットバルトの魔の手に絡められていくのがわかりました。

この版の道化は王子と馴れ合っていないくてある程度の距離感があるのも印象的でした。この日のロパーティンは前方にジャンプしながらでんぐり返しするにしても跳躍にしても音が全くしないし、ピルエットは身体の芯がギュッと細くてビュンビュン回るしで拍手喝采浴びていました。


1幕2場の白鳥たちの中では4羽の白鳥の踊りが出色で、揃っていたのはもちろんの事、1つ1つの形が本当に綺麗でした。その感動する程の美しさに比べると3羽の白鳥の方はいささか私の好みからは外れていました。マリインスキー上等!な私なのだから、そんな事言うなって気もするのですが、なんというか3人それぞれに身体の使い方が違っているし白鳥らしさを感じにくかった、ように感じました。


2幕1場の花嫁候補たち。3階から見た感じでは、ハンガリーのグレベンシチコワが超別嬪さんで、踊りもスカっとしてて良かったです。あ、3羽のコだったのね(^^;)。ロシアのステブレツォーワはとても愛らしく、スペインのメシコーワはドンキのルチアまんま(笑)。ゴリャーチェワのナポリもとても似合っていました。シプーリナのポーランドはこの中では別格な感じでした。

この時のスペインのお付きが黒い衣装の男性4人組でしてねー、これがまたかっこいいんだわ〜。1幕のワルツにも出ていたコが入っていて(後にJAさんblogでカリム・アブドゥーリンと知りました)、どうしてもそこに視線が行ってしまってました。


王妃役のイスプラトフスカヤや儀典長役のアレクサンドル・ファジェーチェフもよいアクセントでした。このファジェーチェフってアレクセイの年の離れた弟でしょうかね。ダンスマガジン99年6月号に掲載されたインタビューで今15歳の異母弟がいる、って書いてあるけど、そのコかな?ボリショイを見ると、キャラクターダンサーの大切さを改めて痛感します。キャラクターダンサーが充実しているからこそ舞台に厚みが出る。彼らが誇りを持って踊っている事がすばらしいし、本当によい舞台を見せてくれてありがとう〜と感謝したくなります。


という事でかなり長くなってしまいました...。私、ボリショイの白鳥は3回見たのですが、この日が一番ツボでした。ツボすぎて、かっこ良く感想を書こうとして泥沼にハマり(笑)、結局いつも通りグダグダ...。スミマセン。