2008年12月7日マチネ 東京文化会館 大ホール

クレジット

音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー/台本・改訂振付・制作:ユーリー・グリゴローヴィチ/原振付:マリウス・プティパ、レフ・イワノフ、アレクサンドル・ゴールスキー/美術:シモン・ヴィルサラーゼ/音楽監督・共同制作:パーヴェル・ソローキン/照明:ミハイル・ソコロフ
指揮:パーヴェル・クリニチェフ/管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団

キャスト

オデット/オディール:エカテリーナ・クリサノワ
王妃(王子の母):マリーヤ・イスプラトフスカヤ
ジークフリート王子:ドミートリー・グダーノフ
ロットバルト:ユーリー・バラーノフ
王子の家庭教師:アレクセイ・ロパレーヴィチ
道化:岩田守弘
王子の友人たち:アンナ・ニクーリナ、アナスタシア・ゴリャチェーワ
儀典長:アレクサンドル・ファジェーチェフ
ハンガリーの王女:ネッリ・コバヒーゼ
ロシアの王女:オリガ・ステブレツォーワ
スペインの王女:アナスタシア・メシコーワ
ナポリの王女:アナスタシア・ゴリャチェーワ
ポーランドの王女:エカテリーナ・シプーリナ
3羽の白鳥:ネッリ・コバヒーゼ、ユーリヤ・グレベンシチコワ、オリガ・マルチェンコワ
4羽の白鳥:チナラ・アリザデ、スヴェトラーナ・グネードワ、スヴェトラーナ・パヴロワ、アナスタシア・スタシケーヴィチ
ワルツ:オリガ・ステブレツォーワ、アナスタシア・シーロワ、アレーシヤ・ボイコ、アンナ・オークネワ、カリム・アブドゥーリン、デニス・サーヴィン、ウラジスラフ・ラントラートフ、エゴール・フロムーシン


感想

演出と美術などについては、12月6日マチネ公演の感想にまとめて記載しています。
「白鳥の湖」ボリショイ・バレエ(2008/12/06M)

この日のオデット/オディールはクリサノワ。マリインスキー/ボリショイ合同ガラでオディールをグダーノフ相手に踊っていたのが伸びやかで素敵だったので、ぜひ全幕で見たいと熱望していました。来日公演で彼女が主役を踊ると発表されたこの公演は、真っ先に押さえただけあって、唯一センターブロック(の端っこ)がとれたのでした。

それ以外の日は夢倶楽部先行でもサブセンターのA席よりしかとれなくて、ふたを開けてみたらメインスポンサーの日興コーディアルの招待客だらけでしょう?招待でも真剣に楽しんでくれて、それがつながってバレエファンになってくれるのならばいいのです。でも、そうでもない人が目につくのも事実ですよね。

大きなスポンサーがつかなかったら「明るい小川」なんて持ってきてもらうのは不可能だったかもしれないし(私は残念ながら見られなかったけど)、「白鳥」や「ドンキ」だって回数打てなかったかもしれない。だから、スポンサーに招待券が行くのはある程度仕方ないと思っています。でも、超良席の招待席をバラまくならば、事前に公演鑑賞のエチケットくらいは叩き込んでほしい、と激怒しまくったのがこの公演でした。。。今思い出しても本当に頭にくる!

でもそれは公演の内容とは関係ないのでココには残しません。後で読み返してまた自分が激怒するのもイヤなので。


この日も王子はグダーノフ。前日の王子を見るまでは「3回鑑賞のうち2回がグダーノフか〜。別の人の王子も見たいな」と思っていたのですが、前日の公演を見て「あと1度彼の王子が見られる!嬉しい!」に変わっていました。もちろん誰か別の王子を見るのも興味深い事ではありますが、グダーノフの王子は何度見てもいいんです。しかも前日の3階席から1階の前すぎず後ろすぎずのよい塩梅の席と位置を変えて見られるのも嬉しい。

ジークフリートそのものと思える佇まい、苦悩や喜びの感情にこちらまで気持ちがアップダウンしました。そして連日公演の疲れも見せないクリアで正確な踊り。むさぼるように見つめて堪能いたしました。全幕で見たのはこの作品だけなので、これだけで判断してはいけないのでしょうが、グダーノフはガラより全幕でこそ魅力を発揮するタイプ。振付に込められた意味を正確に汲み取って観客に見せるダンサーだと感じました。ドンキ1回、白鳥3回という私の今回のボリショイ鑑賞では、グダーノフの全幕を見られた事が一番のハイライトだった気がします。

この公演でもロットバルトはバラーノフ。グダーノフとのシンクロ率は前日の方が印象に残ったかな。この日もよく合っていたと思うのですが、正面から見ると二次元のシンクロで、上から見ると三次元でシンクロしてましたから。

道化は岩田守弘さん。拍手が大きかったですねー。ロパーティンの道化よりは幾分ガッシリした体格ですが、踊りの軽さは流石でした。ロパーティンもそうだったし岩田さんもそうなんですが、超絶技巧を見せるのに音楽を犠牲にしたり物語の流れを切ったりしないのが素晴らしいです。


クリサノワのオデットは透明感があり、若さを感じました。そして、とても好もしい。心の中では自分の救いがたい悲劇に叫びだしたいほどかもしれないけれど、前向きに必死に羽ばたいているという力強さ、生命力のようなものがあった気がします。前日と同じように「これはロットバルトが見せる幻影だ」と思いながら1幕2場を見ていたのですが、でも、この幻影の中にはオデット自身の物語がある、と意識させられました。前日よりずっと舞台に近いところで観ているせいもあったかもしれませんね。

この役は2年前から踊っているということで、見ていて違和感を覚えるような事もなかったですし、癖のない素直な踊りにとても好感を持ちました。1幕2場で1度、移動の時に足を滑らせてお尻をついてしまったのでドキっとしたのですが、どこかを痛めたというような事はないみたいだったので安心しました。

でも、クリサノワはやはりオディールがよいですね。彼女のオディールも殊更に王子を誘惑しようとはしていないのですが、本人が踊っていて楽しいんじゃないかなー。生き生きとしていました。グランフェッテもうまく説明できないけど趣向をこらしつつ音にピタっと合わせていて、グランフェッテの難易度(と言っていいのかしら)は私が見た3人のオデットの中ではピカイチでした。

オディール軍団の真ん中でスゴむ最初の場面は、アントニーチェワやザハロワと比べると若い分だけ貫禄不足な気もしましたが、それもひっくるめて今のクリサノワのオデット/オディールをしっかり観られた事が幸せだと思えます。


それ以外のキャストはあまり前日と変わらなかったのですが、3羽の白鳥のうち1羽がヴィクトリア・オーシポワからオリガ・マルチェンコワに変更。でも、前日感じた通り、三人三様で結局最後まであまりピンとこなかったです...。

あとはハンガリーの王女にネッリ・コバヒーゼが入り、前日に観たグレベンシチコワとはまた別のタイプの別嬪オーラを振りまいていました。


ああ、それにしてもどーしてグダーノフ王子があんな目に合わなければいけないのでしょう(よよよ...)。