新国立劇場バレエ「ライモンダ」を見てきました。寺島ひろみさん、すっかりプリマの風格ですねー。急遽ジャン役での出演となった山本さんとのラブラブ度も高く、いい組み合わせになったなーと。直前の事で大変だったと思いますが、その互いを思いやる気持ちが恋人役としてプラスに働いたところもあるかもね?ライモンダとジャンが互いの腰に手を回しつつ、もう片腕を上に広げる決めポーズが多用されていますが、今日ほどその腕に恋の歓びを感じたペアはいなかったわー。

森田さんのアブデラクマンは野性やフェロモンは薄めで、普通に一国の主として知性と風格を感じる。なので、女をクドくのにいきなり宝石鷲掴みにして渡すようなやり方は似合わないというか(笑)。舞台を圧する存在感は流石でしたし、サポートは盤石でひろみさんも踊りやすそうだったな。

ただ、私がこの日のチケットを取ったのは何よりも(前回見逃した)山本さんのアブデラクマンが見たかったから、な訳で、そういう意味では「山本さんで見たかったなー...」と思ったりもしました。


今日すごく良かったのは夢の場のヴァリエーションを踊ったさいとう美帆さんと高橋有里さん。さいとうさんが第1ヴァリエーションを踊るのを見たのはたぶん初めてだったと思いますが、なんで今まで踊ってなかったの?という位に彼女に合ってました。しっかり踊れているだけでなく音楽的。私が今まで見た中では一番この振付を踊りこなしてたような気がします。

あとはスペインの井倉真未さんと江本拓さん、3幕チャルダッシュの大和雅美さんとバリノフくんが良かったです。チャルダッシュの2人は凄かったですよー。「どうだっ!」っていう。もっと拍手があってしかるべきの、素晴らしいプロフェッショナリズムでした。サラセン人もよかったけど、微妙に押しが足りない印象も。特に男性陣はもっとハジけちゃっていいんじゃないかなー。そういう意味では、ゲスト日のサラセン男性陣は更にものすごいだろうと思います。だって吉本/八幡/福田って最強でしょう?くー、見たいなー。

スペイン軍団に、プログラムには名前のなかったバリノフくんが入ってたと思うんだけど、代わりに誰が抜けたのかはよくわかりませんでした(高木さんは、いた)。たぶんキャスト変更の余波なのでしょう。会場に置いてあったキャスト表は、貝川さんのスペイン代役のところは空白のままでした。


今日の主演2人の相性のよさを見てしまうと、「中学生のためのバレエ」でも一緒に踊る2人の「白鳥の湖」がますます見たくなります...。「白鳥」チラシによると、残席がある場合の一般発売は4月16日からだとか。残席ありますように...