2009年2月19日 神奈川県民ホール

クレジット

演出・振付:ジョン・ノイマイヤー/音楽:フレデリック・ショパン/舞台美術・衣装:ユルゲン・ローゼ
音楽:テープ使用

キャスト

マルグリット・ゴーチエ:シルヴィア・アッツォーニ
アルマン・デュヴァール:チャゴ・ボアディン
老紳士デュヴァール:カーステン・ユング
ナニーナ:ミヤナ・フラチャリッチ
公爵:ヨロスラフ・イヴァネンコ
プリュダンス:カトリーヌ・デュモン
N伯爵:ヨハン・ステグリ

マノン・レスコー:カロリーナ・アギュエロ
デ・グリュ:オットー・ブベニチェク
マノンの崇拝者たち:ピーター・ディングル、ステファノ・パルミジアーノ、キラン・ウェスト

オリンピア:マリアナ・ザノット
ガストン:アミリカー・モレット・ゴンザレス

ピアニスト:リチャード・ヘインズ


感想

前夜の感動的な舞台から夢見心地のまま、昼間の横浜へ。この日のマルグリットはアッツォーニです。舞台上の肖像画は、前夜の黒髪のマルグリットから金髪のアッツォーニに似せたものに変わっていました。当然なんだろうけど、さすがだわ。

この日のアルマンは前日のデ・グリュー、ボアディンくん。エネルギーに溢れていて、まんまアルマンって若さだなーという印象。甘い顔立ちだしプロポーションもよいし。ただ、前夜の「究極の完成形」といったアルマンを見てしまうと、まだまだこれからの人だとも思います。振付と役柄が彼の体に入り込み、彼なりのアルマンが出来るのはもう少し先なのかな、と。でも、決して不満だった訳ではなく、その若さこそが不足を(経験値とは別の形で)補って魅力あるものにしていたんじゃないかな。

ボアディンくんは上手脇に座っている時も演技が薄かったので、今日は割と舞台中央や下手側のアルマンパパの様子を伺ったりできました。このバレエ、マルグリットも群舞たちも衣装替えが多くて大変ですよね!前日はシャツとベストのボタンが留めきれないまま踊ってたコがいたもの。

アッツォーニのマルグリットは華やか。オペラハウスの桟敷席から、遠くにいる知人(?)に挨拶するところが忘れられません。彼女もマルグリットは初役かそれに近いと聞いたように思いますが、そうとは信じられない。3幕の歌劇場でアルマンに似た男性のところに走りよってしまうところは人魚姫の面影が浮かんできてしまいましたが、それは直前に彼女の「人魚姫」に泣かされまくったからでしょう。

2人のパートナーシップはさすがにまだ発展途上という感じ。でも、2人は2人なりにマルグリットとアルマンの愛の形を深めていっているようです。例えば前日私が感動した3幕の散歩途中の鉢合わせシーン。オリンピアとアルマンが踊る間、ベンチに一人座っているマルグリット、という場面です。

ブーローニュはアルマンの方こそ見ていないけど、全身を目にして全神経でアルマンの存在をむさぼるように追っていました。そしてそんな彼女をアルマンもオリンピアも判っていて一緒に戯れている。アルマンもまたマルグリットに視線をやりはしないけど彼女を体全体で感じていたのです。

アッツォーニのマルグリットはまるで自らを罰するように静かにベンチに座っていました。逆にアルマンの方が何度も何度もマルグリットの方を見て、自分の行動が彼女に苦痛を与えているか、影響を与えられるのかと確認せずにはいられない。これはこれで上手いな、と思うのです。だってアルマンってそんな事しそうな男だもの。


この日のマノンはカロリーナ・アギュエロ。デ・グリュがオットー・ブベニチェク。オットーはあのデカダンな舞台メイクがよく似合いますねー。もの言わぬ怖さみたいなのは前日のブシェが勝っていたように思いますが、瀕死のマルグリットとマノン、デ・グリュが踊るところはこの日の方が好きでした。オットーのサポートのスムーズさが理由かなと思っています。

全体的な完成度としては前夜のそれには及ばないとは思うのですが、この日の公演にも心を動かされました。2度目なので全体を見る余裕が少しはあったのも良かったです。カーテンコールで、ほとんど泣き顔だったボアディンくん。いつの日かより成熟した彼のアルマンを見る機会があることを祈ります。そして、アッツォーニのマルグリットも。

あっさりとですが、とりあえずこれくらいで。
今回東京で「椿姫」の上演がなかったのは本当に残念でしたが、横浜で2度見る事ができてよかったです。ぜひまた再演をお願いします。