先日「イーサン・スティーフェルの怪我を気にしなくてよくなったように思う」なんて書いたばかりなのに降板してますよ、イーサンたら。

ここで話題にはしないものの、ほぼ日参でアメリカン・バレエ・シアターのMETシーズンのキャストをチェックしている私なのですが...先週27日の「海賊」アリを降板していて「どしたのかな?」とかすかに心配していたら、とうとう今週の「オール・プロコフィエフ・セレブレーション」の「放蕩息子」、3回踊る予定だったのに全て降板してしまいました。

元々この演目はアンヘル・コレーラ/クリスティ・ブーン、エルマン・コルネホ/イリーナ・ドヴォロヴェンコ、イーサン・スティーフェル/ミシェル・ワイルズという3つの組み合わせで発表されていたのですが、イーサン降板に伴って、イロイロと変更になっています。

コレーラ/ブーン組の変更はありません。怪我で「海賊」の後半を全てキャンセルしたコルネホは「放蕩息子」は無事に踊ってくれるようで何よりですが、パートナーがワイルズに変更となり、日程も一部変更。

そしてもう1人この役にキャストされたのが、何とダニール・シムキン!相手はイリーナ・ドヴォロヴェンコで2回踊る事になったようですが、なんかほかの組み合わせよりおもしろいものが見られそう...と思ってしまいました。


ああ、それにしてもイーサン!軽い故障だとよいのですが〜。
現時点では来週の「ジゼル」以降は名前が残っています。来週のジゼルはABTデビューのナタリア・オシポワ相手にアルブレヒトの予定なのです。

オシポワのABT出演はこの「ジゼル」1回と翌週の「ラ・シルフィード」をデヴィッド・ホールバーグと1回の予定。ホントはもう1回「ラ・シル」の予定があったのですが、そこは早い段階でキャンセルになってHee Seoちゃんが「ラ・シル」デビュー(相手はホールバーグ)となっています。


夜に、通常版の記事をもう1つ書く予定です。