少し前にDECCAのバレエCD BOX(35枚組)をご紹介しましたが、今度はEMIから50枚組のバレエCD BOXが発売になるそうです(ひー)。HMV ONLINEとTOWER RECORDS ONLINEに出ていました。HMV ONLINEのマルチバイ(輸入盤CD 3枚で30%オフ)を利用すると1枚あたり240円ってところでしょうか。...なんかこちらの感覚が麻痺しそう。

内容は下のリンクより、TOWER RECORDS ONLINEにてご確認下さいねー。とても見やすく収録データがまとめられています。商品画像も見られます。

vc

発売元のEMIは去年「ベスト・バレエ100」という6枚組のコンピレーションアルバムを出したところですから、音源はそちらと重なっているものが多々あります。もちろん、それ以外のタイトルも多数収録していますが、「ベスト・バレエ100」の「チャイコフスキー三大バレエ」「ロシアのバレエ」「クラシック・フランス・バレエ」「ディアギレフのバレエ」「イギリスのバレエ」「アメリカのバレエ」という流れを踏襲した上での事なのでそちらのCDを買った方にも満足がいく内容ではないかと思います。うう、それにしてもすごいボリュームですねー。

内容としてはランチベリーさん指揮の音源が多く、なんと「オネーギン」もランチベリーさんなんです。「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」はDECCA盤がランチベリーさん指揮で、EMI盤はワーズワースさん指揮。他にもハチャトゥリアン本人指揮による「スパルタクス」があったり、気になるものも多数。ただ、全幕ものはハイライト収録が多い印象を受けるんですけどねー。

DECCAのバレエBOXと比較すると、あちらが「バレエ音楽」、こちらは「バレエ作品の音楽」って言葉が浮かびました。バランシン作品をはじめ、元はバレエ用として作られた訳ではない音楽がたくさん入っているせいでしょう。初演の振付/日時/会場と録音データが併記されているというのも素晴らしいと思います。
同じバレエBOXでも趣が違うものになるものですねぇ。TOWER RECORDS ONLINEによればEMIのBOXは限定盤のようですから、ご決断はお早めに(笑)。


そのDECCAのBOXはこちら。amazon.co.jpでも価格が8,970円に下がって予約受付中です(HMV ONLINEやTOWER RECORDS ONLINEは発売中)。

『バレエ・マスターピース』ボニング、デュトワ、ドラティ、アンセルメ、他(35CD)
『バレエ・マスターピース』ボニング、デュトワ、ドラティ、アンセルメ、他(35CD)

コンピレーションCD「バレエ・ベスト100」はこちら。

ベスト・バレエ100
ベスト・バレエ100