Side Ballet Eyecatch

ドガ展

今日は夕方から横浜美術館へドガ展を見に行ってきました。9月から始まったドガ展も12月31日まで。会期終了が近くなってきたので、もしかしたら混んでいるかなーと心配していましたが、夜間開館日で入場がばらけたのでしょうかねー。比較的ゆったりと見る事ができました。さすがに「エトワール」の前だけは人が途切れる事がなかったけれど、それでも自分のペースで見られる位。

「エトワール」ももちろん素晴らしかったけれど、私が一番気に入った(そして見たかった)のは「バレエの授業」。ジュール・ペローがダンサーたちを指導する様子を描いたもの。秋にオルセーに行った時に稽古中の踊り子を描いたものが1枚もなかったので(ドガの絵自体はけっこうお留守番しているものもあった)、この絵を見るのが楽しみだったのです。ペローは肖像画もありました。

肖像画、彫刻、それに写真…踊り子だけでないドガがたっぷり堪能できます。写真とその写真を元に描いた絵の対比なども興味深く。ミュージアムショップで図版とポストカード、それとゴンチャロフのチョコ(エトワールがプリントされた缶ケース入り)を買ってきました。巡回がないというのは、もったいないですね。

ちなみに、19日のNHK教育「日曜美術館」は「ドガ 光と影のエトワール」を再放送するそうです。


併設のコレクション展も予想外の収穫。何といってもモローの「岩の上の女神」を独り占めできたのが至福でした。横美、いい作品をいろいろ持っていますね。もっと頻繁に来ようっと思いました。

ドガ展

Comments [2]

No.1

ゆうさん、こんばんは。
ドガ展、金曜夕方が狙い目みたいですね。いつも展覧会は気になりつつ逃してしまうのですが今回は頑張って先週の日曜に行きました。10時の開館目指して少し前に着きましたが長蛇の列で、入館するのに10分ぐらいかかりました。「バレエの授業」、よかったです。ジュール・ペローの名前が出てくるとバレエファンはちょっと血が騒ぎますよね〜。踊り子以外のドガも興味深かったです。
横浜美術館は初めてでしたがなかなかいい感じですね。私は遠いのが難点ですけれど。

No.2

ほみさん、こんばんは。
やはり週末は混雑しているのですね。美術館に行くタイミングって、いつも難しいなーと思ってしまいますが、昨日は珍しく当たりました。うちも横浜はけっこう遠いので気軽にって訳にはいかず、半分観光イベントみたいになっちゃいます(笑)。帰りに中華街行っちゃったし。

「バレエの授業」、よかったですねー。ペローの怒鳴り声と手前のピアノの上に座ってふてくされたダンサーの不平を言う声が聞こえてきそうで。あの肖像画とセットで、ちょっとだけ身近な存在になった気がします。

そういえば、併設のコレクション展の写真部門に、様々な芸術家に混じってテオフール・ゴーティエの肖像写真なんかもありました。どの展示にも外れがなくて、すごく楽しかったです。

このページの上部へ

プロフィール

ゆう:ただいま劇場通いはお休み中。その間もバレエから離れられずブログ更新していましたが、そちらも現在は滞りがち。どちらも元に戻れるかどうか自分でも心配…。

サイト内検索

バレエ映像カタログから検索したい場合は「バレエDVD/Blu-ray/VIDEO」の検索欄をご利用下さい。

このブログについて

2016年2月にスマートフォン・タブレットでも見やすいデザインに変更しました。過去記事も順次対応させて参りますが、しばらくの間お見苦しいところが多々あると思います。お許し下さい。

スパム防止のため、トラックバック停止/コメントは投稿日より2ヶ月間受付とさせていただいています。

月別アーカイブ

for Mobile

qrcode

ガラケー用QRコードです。