昨年10月に新国立劇場で上演された、ヴァイオリニスト川井郁子さんとファルフ・ルジマートフによる舞台「COLD SLEEP」(振付はボリショイ・バレエの岩田守弘さん)。ハイビジョンカメラで撮影され、3月に映画として公開されるそうですね。

  • COLD SLEEP 劇場版公式サイト(http://www.coldsleep-movie.jp/ )

この「COLD SLEEP」、5月21日にはDVDも発売になるそうです。各オンラインショップにて予約受付が始まっています。

vc

みなさま気になるのは特典映像だと思うのですが、一番詳しい情報は私の見た範囲ではamazon.co.jpの商品内容紹介でしたので、そちらより引用します。

COLD SLEEP

●映像特典(予定)
◆リハーサル編―真剣対峙!ヴァイオリンの女神VSロシア・バレエ界の帝王◆舞台稽古編―緊張絶頂!いよいよステージセットへ◆音合わせ編―ベールを脱ぐ!名器ストラディヴァリウス◆バックステージ編―完全密着!本公演の舞台ウラ◆ 劇場予告

DSTD03346/5,800円(税込6,090円)/COLOR/本編84分(予定)/片面2層/ 1.主音声:ドルビー5.1ch/ 16:9LB

COLD SLEEP [DVD]|amazon.co.jp

との事。映画公開を控えていますから、まずは劇場へ、なのでしょうが、こうして現在のルジマートフの踊りがハイビジョンでしっかりと手元に残せるのは嬉しい事ですね。せっかくだからBlu-rayも出したらいいのにーと思いますが…いずれにせよ、とても楽しみです。