amazon.comでジーン・ケリー監督主演の映画「Invitation to the Dance (邦題:舞踏への招待)」のDVDの予約受付が始まっています。この1956年の映画、私は「ザッツ・エンタテインメント」シリーズか「ザッツ・ダンシング」いずれかで抜粋を見た事があるだけなのですが、全編通して見たいと切望していたものです(興行的にはあまりうまくいかなかったようですけど…)。

動画サイトにも、いくつも抜粋がアップされているので、もしご興味があれば探してみて下さいね。

舞踊評論家の鈴木晶氏もこの映画をご紹介下さっていますが(舞踏への招待|ダンスと映画|Sho's Bar(http://www.shosbar.com/balletomania/dance&film/invitation.html))、そちらで名前が挙がっているイーゴリ・ユスケヴィッチやタマラ・トゥマノワの他に、クロード・ベッシーやダイアナ・アダムスも出演しているんですよね。

台詞のない映画だから字幕も必要ないし、amazon.comのリージョン情報はAll Regionsとなっているので、試しに買ってみてもいいかな、と思っています。もしかしたら、いずれ国内盤も出るのかもしれません。ならば発売を待って国内盤を店頭で、と思うのですが、今のところは情報も見あたらず…。


Invitation to the Dance
Invitation to the Dance (1954) [DVD]