Side Ballet Eyecatch

イーサン・スティーフェル ABTのMETシーズンと日本公演不参加…

NYタイムスの記事より。
ノースカロライナ・スクール・オブ・アーツのダンス学部長としての最終年にあたる今年、イーサン・スティーフェルはアメリカン・バレエ・シアターの春のMETシーズンは公演に参加せず、この時期は学部長の業務に専心するようです。記事の最後に、7月の日本公演にも不参加、とありました。

  • Ethan Stiefel to Withdraw From American Ballet Theater’s Spring Season|New York Times(http://artsbeat.blogs.nytimes.com/2011/04/22/ethan-stiefel-to-withdraw-from-american-ballet-theaters-spring-season/ )

なんと…がっかりです。日本でABTと踊るイーサンが見られる機会はもう残り少ないと思って、そこだけは何とか都合をつけようとオープニングガラとイーサンのドンキだけチケットを買ってあったんですよね、私…。劇場に行くのもままならない日々ですが、それだけはと思っていたのにー。

ABTの公演カレンダーからも既にイーサンの名前は消えています。「ドン・キホーテ」はマーフィーとスターンズ、「ジゼル」はコジョカルとホールバーグに、「コッペリア」はオシポワとシムキンに、「白鳥の湖」はへレーラとゴメスに変更。「眠れる森の美女」もマーフィーとゴメスになっていました(うろ覚えでイーサンが出る予定だったかどうか自信のないところもあり。間違っていたらごめんなさい)。


日本公演についても、この記事の更新現在でジャパンアーツのサイトにはこの件についてはまだ何も書いてありませんが、ABTのカレンダー(http://www.abt.org/calendar.aspx?startdate=7/1/2011)では東京文化会館での7月23日マチネ「ドン・キホーテ」の主演はジリアン・マーフィーとデヴィッド・ホールバーグと記載されています。

あ、でも、日本公演のキャスト変更については招聘元であるジャパンアーツさんの正式発表をお待ち下さいね。とりあえず私のショックを書きたかった、という事で…


(2011.04.23追記)ジャパンアーツさん正式発表が出ました。ホールバーグにリプレイスです。
イーサン・スティーフェル降板のお知らせ|ジャパンアーツ バレエ・舞踊ブログ

Comments [2]

No.1

えっ、ゆうさん、そうだったのですか。
ゆうさん、ショックですね。
私も「ドン・キホーテ」、イーサンの日のチケット買ってました。
私はたぶんイーサン・スティーフェルは舞台でみたことが無いと思うのですが、
なにせ、ゆうさんの大のご贔屓のダンサー、
それが決め手となり、イーサンをみようと「ドンキ」はその日にしていたのです。
デヴィッド・ホールバーグも楽しみですが、
それよりも、ゆうさんのご落胆を考えると、ほんとうに残念な思いになります。

No.2

miyaさん、コメントありがとうございます。
miyaさんもイーサンの日のチケット買われていたのですね。しかも私のイーサン好きがmiyaさんのチョイスに少し影響を及ぼしていたなんて、嬉しいような申し訳ないような…。
イーサンは来日公演フラれる確率が高くて、前回のABTの時は直前までチケット取らずにいたんですよね…。でも今回は最後かもしれないから来るならよい席で見たいと思って発売と同時に確保していたんです。幕があがるまでは分からないと覚悟はしていたけれど、やはり残念。

でもでも!きっとジリアンとホールバーグの組み合わせも華やかで楽しいと思いますよ〜。イーサンも引退までにはまた来日してくれると希望は捨てずに待ちたいと思います。その時はぜひmiyaさんも♪

このページの上部へ

プロフィール

ゆう:ただいま劇場通いはお休み中。その間もバレエから離れられずブログ更新していましたが、そちらも現在は滞りがち。どちらも元に戻れるかどうか自分でも心配…。

サイト内検索

バレエ映像カタログから検索したい場合は「バレエDVD/Blu-ray/VIDEO」の検索欄をご利用下さい。

このブログについて

2016年2月にスマートフォン・タブレットでも見やすいデザインに変更しました。過去記事も順次対応させて参りますが、しばらくの間お見苦しいところが多々あると思います。お許し下さい。

スパム防止のため、トラックバック停止/コメントは投稿日より2ヶ月間受付とさせていただいています。

月別アーカイブ

for Mobile

qrcode

ガラケー用QRコードです。