クラシカ・ジャパンの来月の放映予定が出ましたので、以下に並べておきますね。バレエの特集は「バレエ映画にみる悲劇のヒロイン」として、バレエ映画「アンナ・カレーニナ」(プリセツカヤとゴドノフ)、イワン雷帝(アラジーミロフとベスメルトノワ、アキモフ)が放映されます。

メイン特集は10月に引き続きウィーン・フィル。4月にウィーン国立歌劇場で上演収録されたばかりの歌劇「アンナ・ボレーナ」が早々に日本初放映(海外版のDVD/Blu-rayも11月リリースだそう)される他、2010年5月上演収録の歌劇「カルメン」も初放送。この「カルメン」はガランチャ、ヴィラゾン、指揮のヤンソンスが相次いで降板した時のものですよね。そしてミカエラをネトレプコが歌っているという。

この「カルメン」にはウィーン国立バレエからカリーナ・サルキッソヴァとミハイル・ソスノフスキ他が出演しているそうです。バレエシーンの振付はサルキッソヴァ。彼女、ヌードが雑誌に掲載されて解雇だの何だのって話題になったダンサーさんですよね。これはその騒動の前の舞台ですが、結局解雇は回避だったのかしら?今もソリストとしてカンパニーで踊っていらっしゃるみたいだし。そして振付もしているのか。

オペラ方面では、ミラノ・スカラ座「見出されたエウローパ」(フェリ/ボッレ出演)と「オーリードのイフィジェニー」にもバレエシーンがあります。

クラシカ・ジャパン2011年11月バレエ放映予定

  • ドキュメンタリー「4人の皇帝とナイチンゲール」
  • アクラム・カーン「イフ・ノット、ホワイ・ノット」
  • アブソリュート・ゼロ [絶対零度]
  • ケースマイケルのダンス・ノート
  • 「ドミニク・バグエの思い出」
  • ドミニク・バグエ初期作品集
  • バウンド [縛られた男]
  • バレエ映画「アンナ・カレーニナ」ボリショイ・バレエ(プリセツカヤ/ゴドゥノフ)
  • バレエ映画「イワン雷帝」ボリショイ・バレエ(ウラジーミロフ/ベスメルトノワ)
  • ポートレート「勅使川原三郎」
  • ミラノ・スカラ座バレエ「地中海」
  • ライプツィヒ・バレエ「春の祭典」
  • サリエリ:歌劇「見出されたエウローパ」
  • ウィーン国立歌劇場2010「カルメン」

クラシカ・ジャパン2011年11月バレエ放映予定|CLASSICA JAPAN(http://www.classica-jp.com/program/genre.php?list_year_month=201111&genre_id=3 )