amazon.co.ukで「Sylvie Guillem: at Work & Portrait: The early years」というDVDの予約受付が始まっています。イギリスでの発売予定は2月27日。「Portrait」と「AT WORK」2つの映像を収録したものでトータル104分との事。Arthaus Musikからの発売でNTSC/リージョン0なので、視聴可能です。

残念ながらパッケージにはサブタイトルJPの文字はありません(GB,DE,FR,ES,IT となっています)。先だってArthaus Musikから発売されたキリアンのドキュメントのように「パッケージには日本語字幕の表記がなかったけれど実際には用意されていた」という事例もあるのですが、ギエムのは古い映像なので どうでしょうか…。Arthaus Musikのサイトに情報が出れば判明するでしょうから、その時に続報をお知らせできればと思っています。


Sylvie Guillem-at Work & Portrait [DVD]
Sylvie Guillem-at Work & Portrait [DVD]

さて、この映像はギエムの古いドキュメンタリー2つを収めたもので、「AT WORK」は日本では新書館から「シルヴィ・ギエム パリ・オペラ座の伝説」のタイトルで発売されています。パリ・オペラ座時代のドキュメンタリーでVHS時代は「美しき妖精 シルヴィ・ギエムの肖像」というタイトルだったと記憶しています。
「シルヴィ・ギエム パリ・オペラ座の伝説」(1987)|バレエDVD/Blu-ray/VIDEO

もう1つの「Portrait」はイギリスで制作され、日本では「美と神秘のプリマ シルヴィ・ギエム」として知られているもの。旧ジェネオンから発売されていました。たぶん、日本では廃盤だと思うので入手が難しくなっているのではないでしょうか…。
「美と神秘のプリマ シルヴィ・ギエム」(1995)|バレエDVD/Blu-ray/VIDEO

確認のために今回久しぶりにこれらの映像を見たのですが、昔の自分には映像からすくい上げられなかったいろいろな事が目に飛び込んできたのが新鮮でした。


なお、Arthaus Musikから同日発売でザハロワとボッレ主演のミラノ・スカラ座バレエ「ラ・バヤデール」も再発売に。こちらもamazon.co.ukで予約受付が始まったところです。NTSC/リージョンALL。国内盤は日本コロムビアから発売中ですので、さらっとご紹介のみ。

Minkus: La Bayadere (Teatro Scala) (Arthaus: 107301) [DVD] [NTSC]
Minkus: La Bayadere (Teatro Scala) (Arthaus: 107301) [DVD] [NTSC]