BBCワールドニュースのメルマガによれば、今週末の「ミシェル・フセインが聞くアジアの声」のゲストは毛沢東政権下の中国で生まれ、その後米国へと亡命した、自伝『毛沢東のバレエダンサー』の著者でもあるリー・ツンシンだそうです。

BBCワールドニュースの番組紹介ページには各週の詳しいゲストの情報等はないのですが、一応リンクしておきますね。

  • ミシェル・フセインが聞く アジアの声 Mishal Husain Meets(http://www.bbcworldnews-japan.com/m_programs/view/01864 )

ミシェル・フセインが聞くアジアの声

- Mishal Husain Meets -

2012年ロンドンオリンピックBBCプレゼンターもつとめる看板ジャーナリストのミシェル・フセインがシンガポールからお届けする新番組。起業家やアーティスト、俳優、オピニオンリーダーなど、グローバルな舞台で活躍するアジアの著名人を迎えてインタビューする。今回は毛沢東政権下の中国生まれ、その後米国へと亡命した、自伝『毛沢東のバレエダンサー』の著者でもあるリー・ツンシンのインタビューをお届けする。

7月28日(土)前10:30〜11:00(二ヶ国語放送) #初回放送
7月28日(土)後5:30〜6:00(二ヶ国語放送)
7月29日(日)後11:30〜深0:00(二ヶ国語放送)
7月30日(月)前5:30〜6:00(二ヶ国語放送)

ミシェル・フセインが聞く アジアの声 Mishal Husain Meets(http://www.bbcworldnews-japan.com/m_programs/view/01864 )