雑談シリーズです。


いよいよ開幕した世界バレエ・フェスティバル。開幕初日の7月29日に、NBSから素晴らしい発表がありましたね。

まず、参加アーティストの全面的な協力のもと、NHKがA・Bプロを収録し、テレビ放映(11月予定)するとともに、その映像を被災地の映画館等で無料公開することになりました。あわせて公演会場でも、アーティストからの提供・協力を得て、チャリティー・オークションを実施し、被災地支援のための義援金にさせていただきます。

参加アーティスト38名全員が、日本のため快く協力を申し出てくれました。観客の皆様には彼らのパフォーマンスをお楽しみいただくとともに、彼らの志にも想いを馳せていただければ幸いです。

第13回世界バレエフェスティバル "Standing by the people of East Japan"オークション実施!|NBS(http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/renew/13-6.html )

チャリティー・オークションを実施して被災地支援の義援金にする事、そしてNHKがA/Bプロを収録して11月(予定)にテレビ放映、更にはその映像を被災地の映画館等で無料公開。快く許可してくれた参加アーティストのみなさまとNBS、NHKに心から感謝。

で、映像となれば気になるのは全プログラム収録されるのかしら?という事。A/Bプロにはバランシン、クランコといった映像許可の厳しいところもあるし…。どうかそこはお許しをいただいて、A/Bプロとも全プログラム放映していただきたいものです。お願いしますっ。


そしてロンドン・オリンピックも熱戦が始まりました。開会式は録画して見たのですが、演出のダニー・ボイル、肝が据わってましたよね。というか、あれがちゃんと(横槍入らずに/あるいは負けずに)実現できるのが凄い。

アメリカNBCの録画中継ではまるまる流されなかったという、イギリスでのテロ犠牲者に捧げられた「Abide With Me」のパートこそが、アクラム・カーンによるシークエンスでした。とても美しく力強い、想いのこもったものでしたよね。あれをまるまるカットって、NBC意味わからない…

そして、やはり女王陛下とダニエル・クレイグのシークエンスが最高でした!コーギーかわええ♪

東京も懲りずに開催地に立候補していますけれど、あれに匹敵するような開閉会式が実現できないなら挙げた手を下ろしたほうが…と思ってしまいました(元々私は大反対なんですけども)。