もうすぐ始まるAppleの基調講演を前に2時間ほど寝落ちてしまっていたのですが、目が覚めたら今年の高松宮記念世界文化賞・演劇映像部門を森下洋子さんが受賞なさったというニュースが。一気に目が覚めました。おめでとうございます!

今年の受賞者は、音楽部門:フィリップ・グラス、彫刻:チェッコ・ボナノッテ、絵画:蔡國強、建築:ヘニング・ラーセン、そして演劇映像:森下洋子、となっています。

MSN産経ニュースのURL
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120912/art12091223460004-n1.htm

バレエ界からの受賞は2006年のプリセツカヤ以来で、だからそろそろどなたかバレエ界から受賞者が出たら嬉しいな…と思っていたところでした。バレエ/ダンス界からの歴代の受賞者は、1993年のモーリス・ベジャール、1999年ピナ・バウシュ、2005年マース・カニングハム、2006年マイヤ・プリセツカヤ。

森下さんはじめ受賞者のみなさま、本当におめでとうございます。授賞式関係もテレビで見られるかしら、楽しみです。


…っと、アップルのキーノート始まりますので、この辺で…