来年、2013年のウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート内容が明らかになっていますね(ちと反応が遅すぎますでしょうか…)。年初の発表の通り、指揮はウィーン国立歌劇場音楽監督のフランツ・ウェルザー=メストで2011年についで2回目。マニュエル・ルグリがバレエ芸術監督に就任してからこっち、バレエファン的にも見どころが増えてますます楽しみになっているコンサートですよね。

演奏される曲目は定番のシュトラウスなどに加えて、来年が生誕200年のワーグナーとヴェルディがニューイヤー・コンサート初登場になるとか。先日日本でも「2013 ヴェルディ&ワーグナー生誕200年祭」のマスコミ発表があったばかりですが、祝祭の1年の火ぶたを切って落とす、って感じでしょうか。

曲目は、以下の通り。Planet-Vienna.comさんより引用させていただきました。オフィス・アルカディアさんのブログには日本語タイトルでの紹介あり。

  1. Josef Strauss – Die Soubrette, op.109
  2. Johann Strauss Jun. – Kusswalzer, op.400
  3. Josef Strauss – Theater-Quadrille, op.213
  4. Johann Strauss Jun. – Aus den Bergen, Walzer op.292
  5. Franz von Suppe – Leichte Kavallerie, Ouverture
  6. Josef Strauss – Spharenklange, Walzer op.235
  7. Josef Strauss – Die Spinnerin, Polka op.192
  8. Richard Wagner – Lohengrin, Vorspiel zum 3. Aufzug
  9. Joseph Hellmesberger Jun. – Unter vier Augen, Polka Mazurka
  10. Josef Strauss – Hesperus-Bahnen, Walzer op.279
  11. Josef Strauss – Galoppin-Polka, op.237
  12. Joseph Lanner – Steyrische Tanze, op.165
  13. Johann Strauss Jun. – Melodien-Quadrille, op.112
  14. Giuseppe Verdi – Ballettmusik aus dem 3. Akt von “Don Carlo”
  15. Johann Strauss Jun. – Wo die Citronen bluh’n, Walzer op.364
  16. Johann Strauss Vater – Erinnerungen an Ernst oder Der Carneval in Venedig, op.126
  17. Josef Strauss – Plappermaulchen, Polka op.245
  18. Johann Strauss Jun. – An der schonen blauen Donau, Walzer op.314
  19. Johann Strauss Vater – Radetzky-Marsch, op.228
http://planetvienna.wordpress.com/2012/11/06/neujahrskonzert-2013-das-programm/

注目のバレエについては、来年は元ロイヤル・バレエのプリンシパルで元スコティッシュ・バレエ芸術監督でもあるアシュレイ・ペイジが担当しているそうです。衣装はJohan Engels(6回目)。ウィーン国立バレエのダンサー10人が出演する2つのバレエが、来年が生誕350年の記念の年であるというオイゲン公(もう1つのメモリアルですね)の夏の離宮、バロック建築が美しいシュロス・ホーフ宮殿で撮影されたとのこと。

コンサートの内容を紹介するOrfのページで、ダンサーたちがコスチューム&メイクした姿の写真を見る事ができます。木本全優さんは2作品ともにご出演なのですね。白い方の宮廷風コスチュームでマリヤ・ヤコブレワとポーズを取る姿が美しい!(気品のあるバレエスタイルとお顔の小ささに改めて感心…)放映が楽しみです。

  • http://kundendienst.orf.at/programm/fernsehen/orf2/neujahrskonzert.html

なお、本編の2つのバレエだけでなく、第1部と第2部の間に放映される美しい映像も、来年はバレエが用いられているよう…ですね。タイトルは「Honeymoon」。若いカップルがハネムーンでシュロス・ホーフ宮殿を始めとするニーダーエスターライヒ州の様々な場所を訪れ(毎朝別の場所で目覚める…それだけ見どころがありますよって事ですよね・笑)、写真を撮って記念のアルバムを紡いで行く、というもの、かな。監督はPatrick Pleisnitzer。

てことで、NHKさんには是非ともこのインターミッションもばっちり放映をお願いしたいです。

# google先生の翻訳を頼りに書いておりますので、間違い等盛大にある可能性がございます。どうぞ上記リンク先でオリジナル情報にあたっていただけますようお願いします。


例年通り、本公演のCD/DVD/Blu-rayは国内盤/海外盤ともに既に予約受付が始まっています。

ニューイヤー・コンサート2013 [DVD]
ニューイヤー・コンサート2013 [DVD] 国内盤 2013/02/23

vc
海外盤 2013/02/05

ニューイヤー・コンサート2013 [Blu-ray]
ニューイヤー・コンサート2013 [Blu-ray] 国内盤 2013/02/23

ニューイヤー・コンサート2013
ニューイヤー・コンサート2013 [CD] 国内盤 2013/01/23

海外盤 2013/01/15

# 並べるとしつこかったですね…失礼致しました。ともあれ、放映が楽しみです♪