先月クラシカの放映予定について書いた時にちらっと触れましたが、クラシカ・ジャパンで放映されている、昨年のザルツブルク音楽祭でチューリッヒ・バレエとハーゲン四重奏団のコラボレーションで上演された「Dance and Quartet」という作品のDVD/Blu-rayが発売されます。イギリスで6月3日発売開始予定のようです。BelAirから発売だと思い込んでいたのですが、Arthaus Musikから発売とのこと。スミマセン…

「Lettres Intimes」「In Spillville」「Der Tod und das Madchen」の3作品を収録。それぞれヤナーチェク、ドヴォルザーク、シューベルトの曲にハインツ・シュペルリが振り付けたものとなっています。メラヴィアンやミカイリヤンなどチューリヒからよそに移籍したダンサーがゲスト出演で男性メインを踊っていたりするのですが、カールスルーエ・バレエのフラヴィオ・サラマンカもゲスト?出演しています。(このメンバーたちは、NHKで数ヶ月前に放映された同年のザルツブルク音楽祭「ナクソス島のアリアドネ」でも踊ってますよね)

Dance And Quartet - Three Ballets By Heinz Spoerli
DVD|amazon.co.uk
Blu-ray|amazon.co.uk


Arthaus Musikのサイトにはまだ情報が出ていませんが、amazon.co.ukで予約受付が始まりました。あと、Arthaus MusikのYT公式チャンネルには1ヶ月も前からトレイラーがアップされています(私がDVD発売を知ったのもこの動画のおかげ)。3作品の抜粋は、上に書いた順番通りとなっておりますよ。