デアゴスティーニの隔週刊バレエDVDコレクション、今週発売になったVol.46の「ピーターと狼/子供と魔法」はPAL盤しか持っていなかったので、数号ぶりに購入してみました。入っているかしら、、とちょっと心配だった「子供と魔法」冒頭のキリアンによるイントロダクションも無事入っていて(たぶん、特典映像みたいに本編と別の映像は省かれちゃうんですよね。本編に含まれるイントロダクションのようなものはそのまま入る、と)ほっと一安心。

隔週刊 バレエDVDコレクション 2013年 7/2号 [分冊百科]
隔週刊 バレエDVDコレクション 2013年 7/2号 [分冊百科]

そして次号第47号は6月18日発売でチューリッヒ・バレエによる「バッハ 無伴奏チェロ組曲」だそうです。NHKで放映された際には「風に乗って無の世界へ」というタイトルでした。原題は「CELLO SUITES - IN DEN WINDEN IM NICHTS」。ハインツ・シュペルリ振付で2004年にチューリヒ歌劇場で収録されたものです。

  • バッハ 無伴奏チェロ組曲|デアゴスティーニ(http://deagostini.jp/bld/backnumber.php?id=26083&issue=47 )

この映像、コール・ドに福岡雄大さんがいらっしゃるんですよね。この作品はデュオの組み合わせが構成のほとんどなので、コール・ドの出番はホントに最後の最後だけなのですが、ファンの方ならすぐにわかると思います。コール・ドは踊りが堪能できる程は映らないし踊らないのですけれどね…。

隔週刊 バレエDVDコレクション 2013年 7/2号 [分冊百科]

Bel Air Classiquesから発売になっている海外盤DVDは以下の商品です。NTSC/Region ALLなので国内視聴可能。価格を考えるとデアゴの方がお得ですが、こちらはシュペルリのインタビューが特典として収録(英/仏の字幕選択可)されています。

Cello Suites [DVD] [Import]
Cello Suites [DVD] [Import]