クラシカ・ジャパンのサイトが更新されて2014年1月の特集が発表されています。

バレエ、オペラ、クラシックの各ジャンルの枠にそれぞれ「クラシカ・バレエ・シアター」「クラシカ・オペラ・シアター」「クラシカ・クラシックス」と名前が付くようで、その「クラシカ・バレエ・シアター」の1月は、マリインスキー第2劇場のオープニング・ガラとアルバータ・バレエのジョニ・ミッチェル「フィドル&ドラム」が放映されます。

今年5月に開場したマリインスキー第2劇場のオープニング・ガラはオペラとバレエの豪華キャストによるガラ公演。バレエでは『ロミオとジュリエット』『ラ・バヤデール』『眠れる森の美女』『瀕死の白鳥』『春の祭典』『ジュエルズ』などが上演されたようですね。今のところまだDVD化はされていない映像ですから、放映がとても楽しみです〜。

そして、服部有吉さんが在籍するアルバータ・バレエ「フィドル&ドラム」はジョニ・ミッチェルとのコラボレーションで制作された作品。DVDが発売された際に何度かご紹介していますし、ご覧になった方もいらっしゃると思います。CSとはいえテレビで観られるのは嬉しいですね。

この他にも、「新生ボリショイ劇場オープニング・ガラ」やミラノ・スカラ座バレエ「こうもり」(2003年、アレッサンドラ・フェリ/マッシモ・ムッル主演)などの放映が予定されているようです。新年に相応しい華やかさ。


他にも特集としてウィーンフィルの過去の「ニューイヤー・コンサート」から、1980年(ロリン・マゼールのニューイヤー・コンサート初指揮の年)、1974年(ボスコフスキー指揮)、1987年(カラヤン指揮)の放映もあるそう。こちらでもバレエシーンが観られますね。


それ以外の特集は以下のページよりどうぞ。


Fiddle & The Drum [DVD] [Import]
Fiddle & The Drum [DVD] [Import]