オーストラリア・バレエの「ロミオとジュリエット」は、カンパニーが来日公演に持ってきた「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」と同じグレアム・マーフィーの振付で、少し前にクラシカ・ジャパンで放映されています(12月27日にもクラシカで放映あり)。主演はマドレーヌ・イーストーとケヴィン・ジャクソン。衣装を五十川明さんが担当されたのも話題でした。

今日久しぶりにオーストラリア・バレエのサイトを見ていたところ、この映像がDVD化されて8月に発売されていました。オーストラリア・バレエやABCのオンラインショップで注文可能です。

  • The Australian Ballet: Products(https://www.australianballet.com.au/shop/dvds )
  • Romeo & Juliet - Graeme Murphy and The Australian Ballet|DVD|ABC Shop(https://shop.abc.net.au/products/romeo-and-juliet-dvd-aust-ballet )

これらの商品ページには仕様についての言及がないのですが、過去にオーストラリア・バレエのオンラインショップで買ったDVD 三種はいずれもPAL版でした(私のPAL再生機はリージョンフリー対応なので、それらのリージョン制限については確認できず)。ので、このDVDもPALの可能性が高いのではないかと思われます。

今のところISBNは取ってない、、のかしら。私がオーストラリア・バレエから買ったDVDも、後にamazon.co.ukでも買えるようになったので、こちらのDVDもその流れになるのかも。なるといいですね。(とはいえ、現在の為替レートだと、海外からのお買い物はちと躊躇われますけれど。)


ABC ClassicsのYTチャンネルに、このDVDのトレイラーがあったので貼っておきますね。キャピュレット卿がお久しぶりのダミアン・ウェルチなんですよー。この場面だと仮面でお顔が隠れておりますが、だいぶ貫禄が(笑)。