DVDリリース紹介、あと何回か続く予定です。
さて、今日は、世界初演時のプロモーションから話題となっていた、ノルウェイ国立バレエの「A Swan Lake」(アレクサンダー・エクマン振付)。こちらも9月1日にArthaus MusikよりDVD/Blu-rayリリースだそう。amazon.co.ukで予約受付が始まっています。今年の4月26日世界初演の舞台を収録したものだから、ほぼ4ヶ月後の超特急リリース。


今年に入った頃からでしたでしょうか、カンパニーのYTオフィシャルチャンネルでこの作品のwork in progressの様子を小出しに出していましたよね。オフィシャルチャンネルの動画リストで「A Swan Lake」とタイトルにあるものがそれにあたります。(それ以外のバレエ動画も興味深いものが多く、動画の印象だとこのカンパニーはクラシック作品よりキリアンやコンテンポラリー系の方が断然面白い印象。たぶんにカメラワークと編集が影響しているとは思いますが)

舞台に張られた水、ソプラノにプロデューサ−、ラバーダック、デンマークのファッションデザイナー ヘンリク・ヴィブスコフによる衣装、原曲にアレンジが施された音楽……話題性は十分すぎる位で、一体どんなものができあがるのだろうか、と。出来上がったものの紹介も楽しみだったのに、オフィシャルチャンネルにはちっとも出てこなくて(笑)。でも幕間にもこんなお楽しみが、っていうのはアップされたのですけどね。

私も積極的に情報収集していた訳ではなかったので、結局、舞台に乗ったものの断片を見たのはArthaus MusikがDVDのトレイラーをアップしてくれた今月になってからでした。あはは、想像以上。


で、映像の話に戻りますが、Crotchetの商品ページによれば、仕様はDVD/Blu-rayともNTSC/Region ALLの模様。そして、本編が98分+特典映像7分収録とのこと。

  • A Swan Lake [DVD]|Crotchet Classical(http://www.crotchet.co.uk/102195.html )
  • A Swan Lake [Blu-ray]|Crotchet Classical(http://www.crotchet.co.uk/108116.html )

A Swan Lake: The Norwegian National Ballet [DVD]

A Swan Lake: The Norwegian National Ballet [Blu-ray]

今回改めてカンパニーのメンバーなど見てみたのですが、以前バットシェバの芸術監督も務められていた稲尾芳文さんは今こちらにいらっしゃるのですね。(前述のYTリストで若いダンサーたちに振付をする様子が見られます)他にも日本人ダンサーは多く、松井学朗さんはソリストとしてご活躍。そして、ダニー・ティドウェルが2010年に、ダニエル・プロイエットが2013年にカンパニーに入団していたのは知らなかったです…。またもや自分のout of dateっぷりに愕然。でも、凄い興味わいてきた(笑)。


最後にあと1つ。ヘンリク・ヴィブスコフとカンパニーのコラボレーションは、今年のパリコレでも見られたようですね。ダンサーたちが会場に作られた巨大なプールで(おそらく「A Swan Lake」の湖のシーンを)踊り、そのプールの周りがランウェイになっていたそうです。

この作品がパリ上演を予定しているならよいプロモーションになったと思うのですが(予定の有無は知らない)あの作品をツアーに持っていくのはイロイロ制限が大きそうですよね。舞台で水を大量に使うのもそうですし、歌手のスケジュールなども。