日本コロムビアより発売中の「マラーホフのレッスンシリーズ」DVD/CDが、本日発売のCD「ミュージック・フォー・マラーホフズ・マスタークラス ターンズ&リープス」で完結なのだそうです。それを記念して明日1月22日に勝どきに昨年オープンしたチャコット勝どき店でマラーホフを招いてのイベント(http://www.chacott-jp.com/magazine/news/announce/2015.html プレスミーティングおよび一般初級者向け特別バレエ講座)があるのはご存知の方も(いらっしゃる方も?)多いと思います。

私はそちらには行かないのですが、日本コロムビアさまからのご厚意でシリーズCDとDVDを試聴させていただきました。DVDについては今週「バレエDVD/Blu-ray/VIDEO」ブログの方でアップを続けております。CDも「ミュージック・フォー・マラーホフズ・マスタークラス ベーシック」についてはDVD「マラーホフのマスタークラス」記事でご紹介しているのですが、本日発売のCDはこちらでご紹介を。


vc vc vc

まず、このマラーホフのレッスンCDシリーズは全てベルリン国立バレエの専属ピアニストのマリタ・ミルサリモワさんによるもので、マラーホフが選曲、録音にも立ち会って細かく指示を出しているそう。マスタークラスDVDでもバーレッスンはマリタさんのピアノです。

今回のCDは全26曲で全55分。前半の10曲がバー、残りがセンター。副題に「Turns & Leaps」と入っている位なので、センターはターンと跳躍に適した音楽が重点的に入っているようです。オリジナルあり様々なアレンジありで、オペラ好きなマラーホフの意向もあるのか割とオペラ系が多いかも?

私自身はここまでこういったレッスンCDとは無縁の暮らしをしていましたので本来の用途でどうかの意見は言えず申し訳ありません…。が、疲れ切っての帰り道に聴いていると気分転換になります。あとは、ウォーキングやお掃除など身体を動かす時や単純作業の時にもBGMとしても。タイマー代わりに作業予定時間分のプレイリストを作るのも、1曲が短いのでやりやすい印象でした。

とまぁバレエレッスン以外の話を延々続けてもなんなので(笑)。バレエショップさん等でもCD試聴は可能でしょうし、amazon.co.jp等オンラインショップでも試聴できますので、ご興味の方はぜひ。


ちなみに第1弾CD「Music for Malakhov's Masterclass - Basic」は33曲入り72分、第2弾「Music for Malakhov's Masterclass - On Pointe」が28曲58分。第2弾はamazonで試聴しただけなのですが、こういうCDって買い始めると止まらなくなりそうですね。お教室の先生に限らずともイロイロなレッスンCDの中からお気に入りの曲でレッスンを組み立てるの、楽しそう。

こちらのCDシリーズはジャケットの写真がマラーホフのレッスン着をアップで撮って画像処理をかけたもので、それも何だか気に入っています。